資生堂が保育所運営事業に参入 社員の8割女性、ノウハウ提供

印刷

   資生堂が保育事業に参入する。2016年11月1日に発表した。17年2月をめどに、保育サービス大手のJPホールディングス(HD)と合弁会社を設立し、企業が社内につくる保育所(事業所内保育所)の運営受託に参入、女性が安心して働ける職場環境の整備をサポートする。

  • 資生堂が子育て支援事業に
    資生堂が子育て支援事業に

まず掛川工場に保育所新設

   新会社の出資比率は資生堂が51%、JPHDが49%。保育士の派遣など運営はJPHDが担う。まずは資生堂の掛川工場(静岡県)内に定員50人の保育所を新設する。

   資生堂は、他企業からの運営受託を増やしていくほか、事業所内保育所の開設を検討する企業への相談業務も行う考え。

   社員の約8割が女性の資生堂では、早くから女性の「働きやすい職場環境づくり」に取り組んできた。2003年には社内保育所を開設。そういったノウハウを他社にも提供していく。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中