2018年 9月 22日 (土)

ラオックス、営業利益98%減 「爆買い」失速がもろに響き

印刷

   免税店大手のラオックスの2016年1~9月期決算は、売上高が前年同期比31.9%減の494億円、営業利益が98.2%減の1億円、純利益も97.4%減の1億円だった。11月14日に発表した。訪日外国人客数は増えているものの、円高の影響もあり、訪日外国人客の1人あたりの買い物金額が減っている。いわゆる「爆買い」が失速した影響が直撃したかたち。

  • 外国人客の財布のひもが堅くなり
    外国人客の財布のひもが堅くなり

免税店のスクラップ&ビルド進め

   「国内リテール事業」については、商品構成のさらなる充実を図るとともに、札幌狸小路店や新潟空港店等の3店の新規出店を進める一方で、札幌パルコ店など2店を閉店するなど、外国人観光客の動向に対応した免税店のスクラップ&ビルドを進めた。

   「海外事業」では、台湾両岸自由貿易センター内の風獅爺デューティフリーショッピングモール店舗への商品供給など新しい取り組みを進めている。

   同社は、引き続き中国・アジアをはじめとした世界のマーケットに対してジャパンプレミアムを体現していくビジネスモデルをより成長させ、時代をリードできるグローバル企業となるよう取り組んでいくとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中