2018年 8月 20日 (月)

あったかスープを冬の定番に ローソン、女性客狙い商品拡充

印刷

   ローソンは、2015年冬に5品目だったオリジナル商品のスープを2016年は約2倍に増やし、商品ラインアップを拡充する。各店舗でスープの棚を2段に拡張、おでん、中華まんに続く冬の定番商品として強化していく。11月14日、発表した。

野菜たっぷり健康志向で

   11月15日には、「餃子と野菜の和風スープ」を発売。スープ商品は計9品目となり、ローソンによると「大手コンビニエンスストアの中では最も多い」という。12月6日には既存商品と入れ替える形で「トムヤムクンのフォー」も発売する。

   近年、国内スープ市場は拡大傾向にある。ローソンでは15年からスープの販売をスタート。16年秋のスープ販売高は、10月が前年比215%、11月(11日時点)が前年比280%と、それぞれ2倍以上の伸びをみせている。購入者の7割は女性で、20~40代が中心だという。野菜をたっぷり使った健康志向のメニューが人気を呼んでいるそうだ。

   竹増貞信社長は11月14日に行った商品説明会で「『スープといえばローソン』と言っていただけるよう、しっかり商品展開、商品開発を行って、お客様に訴求をしていきたい」と意気込みを語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中