「週4日働いて月給1万円」 想像絶する過重労働相談に衝撃

印刷

   強制捜査に至った電通社員の自殺をはじめ、違法な長時間労働を強いられた西日本高速道路会社の男性社員の自殺(2015年2月)、山陽自動車道のトンネルで事故(2016年3月)を起こしたトラックの運転手など、過労による事件・事故の報道が後を絶たない。

   そんな中、厚生労働省が過重労働に関する無料の電話相談を実施。相談内容が報じられると、あまりにもひどい過重労働の実態に衝撃が走っている。

  • 驚きの過重労働の実態
    驚きの過重労働の実態

月140時間残業も

   厚労省の取り組みは、11月が「過労死等防止啓発月間」であるのに合わせて行われたもの。2016年11月6日(日)の9時から17時まで、全国8労働局で相談を受け付けた。

   この日、新宿区の労働局で相談を受けている様子がテレビで紹介され、JNNが、

「飲食業の女性から、週4日の勤務で月給が1万円と相談があった」

と報道。ほかにも、スタッフが電話口で、

「(残業が)月に140~150時間あるという話ですよね。当然違法な時間外労働になります」

と答えている様子が放送された。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中