2018年 7月 21日 (土)

今なおデパートにファン根強く 秘密はお得な「積立」ボーナス

印刷

   お歳暮やクリスマスプレゼントをどこで買おうか迷うこの時期。かつて多くの客が詰めかけたデパートも、全国各地で閉店・合併が続くなどファストファッションや駅ビルに押され気味だが、なお固定ファンが多い。

  • 積み立てると、いいことが
    積み立てると、いいことが

年利換算で15%超にも

   そんなコアの顧客たちに人気なのが「友の会」の積立だ。ある記事によると、積立額は5000円ぐらいから始めることができ、12か月間積み立てると1年後に1か月分のボーナスが上乗せされた「お買い物カード」を受け取るのが一般的だという。1年積立で1か月分のボーナスということは、年利換算で15%以上になる計算(NEWSポストセブン2016年10月26日「年利換算15.38% 利用価値高いデパート友の会積立」)。

   ためしに三越・伊勢丹のサイトを見てみると、5000円×6か月積立コースで満期時に3万2000円、5000円×12か月=6万5000円、1万円×12か月=13万円、2万円×12か月=26万円、3万円×12か月=39万円、5万円×12か月=65万円となっている。提携しているホテルやゴルフ場、美術館などを優待料金で利用することができ、利用者にとっては嬉しい仕組みだ。

   高島屋も、積立額と満期額はほぼ同じだが、5000円×12か月=6万円の「観劇コース」が用意されていたり、お中元・お歳暮の時期には5%の優待券がもらえたりするなど、工夫を凝らしている。

当然ながら「縛り」あり

   ツイッターを見てもデパート積立を楽しんでいる人は多いようだ。

「週末はデパートの積立が満期になったから手続きにいこう~ *´∀`*)32,500円!これは大きい!傘とかマフラーとかバッグとか買っちゃおうかなー!(一気に使おうとしている)」
「某デパートの積立金が満期になって、すぺーっと使った。あースッキリ!!」
    「満期になると今までの積立分とボーナス分を会計時にプリペイドカードみたいに使えるよ。しかも使用期限ないからデパートが倒産しない限りずっと使えて、積立金以外に会費もかからない。この超低金利の時代にあって奇跡の利回り年15%超えという優良金融商品、なかなかないよ」
    「財布がだいぶ傷んで来た。欲しいのはちょっとお高い。デパートの商品券積立10月満期を待つか...買っちゃうか?悩む。色も悩む」

ただ、いくらお得だとはいっても「縛り」があるのは当然。

「そのデパートや提携店でしか使えないし」
    「なんか、うちの奥さんがデパートの会員の積立のためにお金よこせとか言ってきた。毎月1万の積立で、1年で+1万円分のお得な商品券が手に入るらしい。でも、肝心のデパートでわざわざ13万円分の買い物をする理由がわからない... これって私の考えがおかしい??」
    「デパートが倒産したらどうすんの」

   積立するなら、まずは無理のない額でスタートを。(KM)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中