「おごられ」マナーを心得て 宴会の季節も「かわいい後輩」

印刷

   冬の宴会シーズンの到来。流れによっては、おごったり、おごられたりというケースも多くなるに違いない。

   懐は痛まないとはいえ、おごられる側は結構気を遣うもの。ネット上では、「上手におごられるマナー」の伝授を乞う書き込みが寄せられている。

  • 「せ、先輩と同じものでいいっす」
    「せ、先輩と同じものでいいっす」

「財布持つ演技、白々しくないか」

   Q&Aサイト「OKWAVE」に、「何かをおごってもらう時のマナーについての質問」が寄せられている(2016年11月18日)。

   最近先輩におごってもらう機会が多かったが、失礼がなかったかと事後気になっているらしい投稿者。

   「注文の時『何がいい?』と聞いてまとめて会計してくれる」「自分が商品を選んでいる間、払ってくれそうな素振りでレジで待っている」など、先輩が「さりげなくおごる流れ」になってしまっている時のことだ。

「まだおごるとは一言も言われてないのにお礼を言ってしまうのも変だし、かといっておごってくれるんですかなんて自分から聞けません。とりあえず気づかないふりで注文を聞かれたら普通に答えたり、財布を持って払おうとする演技をしたりしていますが、それも白々しい気がして心配です」

   また、以前先輩がおごってくれそうな席で、先輩が注文した店で一番安いスタンダードなメニューが苦手だったもので、自分は少し高いメニューにしたことにも引っかかりを覚えているよう。

「自分はいらないと断るか、多少無理してでも同じものを頼むべきだったかと今さら悩んでいます」

   おごる立場、おごられる立場の人それぞれに、どうすべきなのか教えを求めている。

分からないうちは払う気持ちで

   回答者からは、

「>財布を持って払おうとする演技をしたりしていますが、それも白々しい気がして心配です。
上記で十分だと思います。おごってくれることが確定した時点で感謝の言葉を述べます」
    「形ばかりにお財布を出して、おいくらですかと聞き、いいよ今日は俺が出すよといわれ、いやいやそれはまずいですといい、いいから気にしないでと返され、すいません今日はご馳走になりますという。これが日本の大人社会のお作法の一連の流れです。奢るほうもこんなのは単なる儀式であることは百も承知です。けれど、財布も出さないとそりゃそれでお前財布も出さないのかよと思うのです」

など、「おごられると感じても自分で払う意思を態度で示すのがよい」とのアドバイスが。

   「苦手なメニューでも同じものを頼むべきか」については、

「本当に大嫌いなもので我慢した結果苦手なのがバレて相手の気を悪くさせてしまうかもしれないくらいなら我慢しない方がいいでしょうし、我慢できる程度のもので我慢した方が考えすぎずに済むならそうすればいいと思います」
    「自分で出しますので、〇〇お願いします。すみません、ちょっと苦手なもので・・・とはっきり言えばいいと思います。ムリなものを頼んでしまうと次回も大丈夫だと思われますし相手に対してもとても失礼になります」

と、「苦手なら合わせるほうが失礼」と考える人が多いようだ。

「私は会社員時代、若い頃はよくおごってもらったし中堅からは後輩をよくおごってましたけど、後輩がどれだけ好きなもの(少々高くても)頼んでもおごってましたよ。そんなしょちゅうあったわけでもないし」

と、おごる立場の人からは「そんなの気にしない」との声が書き込まれた。

   ビジネスパーソン向けサイト「R25」には、「新入社員『おごられマナー』の基本」という記事が掲載されている(2014年2月27日)。

   そこでは、日本マナー・プロトコール協会の明石伸子氏が、

「注文時に、上司や先輩が『何でも好きなものを頼んでいいよ』と言ってくれたら、それは『ご馳走するよ』という意思表示。ただ、そこまではっきりしたセリフがなければ、自分の会計は自分で支払う気持ちでいるのがいいでしょう。注文については、少々高くても自分の好きな料理を頼んで問題ありません。これは最初からご馳走してくれると分かっている場合でも、ハッキリしないケースでも同様。遠慮しすぎるのは相手に対して失礼なので」

と明快に語っている。先の相談に寄せられた回答は、この心得に照らしても正解のようだ。

   さらに、「お礼は3回。お店を出る時と別れる時、そして翌日に『ありがとうございます』といいましょう」と、おごってもらった後の「お礼マナー」もきっちり指南されている。(MM)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中