「金運に恵まれる一年に!」 2016冬のボーナス悲喜交々

印刷

   何かと出費のかさむ年末年始。冬のボーナスを頼りに新しい年を迎えるという人も少なからずいることだろう。日本経済団体連合会の最終集計によると、2016年冬のボーナスは大手企業業種別妥結結果(加重平均)で総平均88万736円となり、前年比0.02%プラスと微増した(2016年12月21日公開/調査対象は、原則として東証一部上場、従業員500人以上、主要21業種大手251社)。

東京オリンピックの影響も

大手でも業種によっては厳しく
大手でも業種によっては厳しく

   業種別に見ると、「食品」が最も高く、105万5751円。次が「JR」の101万5772円、「自動車」99万266円と続いている。

   前年比マイナスとなったのは「鉄鋼」の66万8511円(14.65%減)、「造船」82万7994円(3.52%減)、「非鉄・金属」75万7470円(2.14%減)、「商業」77万673円(1.97%減)。

   中小企業も含めた東京都内の民間労働組合の冬ボーナスを見てみると、総平均は77万7156円となり、前年比0.17%増となった(東京都産業労働局雇用就業部による最終集計、2016年12月15日現在)。

   こちらは最高支給額と最低支給額の差が大きく、最も高かったのは「通信・放送」の126万4944円。最も支給額が少なかったのは「生活関連サービス業、娯楽業」の39万1494円だった。

   また、数ある業種の中で「建築業」は前年比10.64%増と2桁台の伸び率(81万5881円)。調査対象が東京都内ということで、東京オリンピック効果もあると見られるようだ。

「格差噛みしめる」人も

   こうした数字をどのような思いで見るか、人それぞれだろうが、ツイッターをのぞいてみると「冬のボーナス」に寄せる思いがあふれていた。

「労働者全体の1割強の人たちの平均。景気のいい話ではなく、格差を噛みしめるニュース」
 「大手やっべぇな( *? * )」
 「この時期になると必ず感じるけど、忘年会という名の各種業務イベント、ハッキリ言って経費の無駄だからその分を冬のボーナスに上乗せする代替案を受け入れてもらえる世の中に早くなってほしい」
 「冬のボーナスとか都市伝説」
 「冬のボーナスの話題を見かけてしまって一気に鬱病になってしまった僕(ブラックだから『ボーナス』という制度が存在すらしない)」
 「【朗報】入社10年目の32歳だけど冬のボーナス4万円wwwwwwwwww」
 「冬のボーナスの一部がiPhoneの画面修理に消えるかと思うと泣ける、、、辛すぎる、絶対私悪くない、4Sも5Sも何万回落としても割れることなかったもん、、、」

   ポイントサービス「Ponta」を運営するロイヤリティ マーケティングの「Ponta消費意識調査(2016年10月)」によると、冬のボーナスの使い道としては「貯金・預金」が36.9%と、過去最高を更新したという(2016年10月25日公開、「Pontaリサーチ」調べ)。「節約したい」と答えた人は60.4%だった。

   2017年が懐具合の温かい年になるよう、初詣で祈願してみることにするか。(KM)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中