働き蜂の日本人、なお変わらず 有休消化率ワーストに返り咲き

印刷

   日本のビジネスパーソンは「休まなすぎ」「働きすぎ」としばしば指摘される。2016年中の成立は見送られたものの、年5日の有給休暇を労働者に取らせる義務を企業に課す労働基準法改正を厚生労働省が調整していたほどだ。

   そんな「働き蜂の国」日本、旅行予約サイト「エクスペディア」が毎年実施している「有給休暇国際比較調査」で2016年、3年ぶりに有休消化率最下位に返り咲き(?)した。

休み取らず「休み不足」も感じない

100%消化は夢のまた夢?
100%消化は夢のまた夢?

   100%有休を消化しているのは、ブラジル、フランス、スペイン(いずれも平均支給日数30日)、オーストリア(支給日数25日)、香港(支給日数14日)の5つの国と地域。日本は支給日数20日と、世界で見ても少なくはないが、消化日数は10日で消化率50%という結果に。韓国の53%(8日消化/15日支給)を下回り、世界最下位となった。

   有休を取っていないにもかかわらず、「休み不足を感じている」と回答した人の割合は34%と小さく、これまた世界最下位。、日本に次いで有休消化率が低い韓国は65%で2位だった。有休30日を完全消化しているスペインは、なお「休み不足」と答えた割合が68%で、堂々1位。どれだけ休めば満足するのか。

   「有休取得に罪悪感を感じる」人の割合は59%で、韓国の69%に次いで2位。日本人が休まない理由は、上から「人手不足」「職場の同僚が休んでいない」「お金がない」だった。

   「自分の有休支給日数を知らない」人は47%で、2位の韓国(21%)を大きく引き離しての1位となった。

   「休暇中でも一日中仕事のメールを見てしまう」人は22%で、韓国の23%に次いで2位。長い休暇ではなく、「休暇の取り方は『短い休暇を複数回』」という人は57%で1位だった。

   全体的に「日本人は働きすぎで休みに無頓着」という印象を与える調査結果となった(調査は16年9月12~29日にインターネットを通じて実施。結果は16年12月15日公表)。

「休んでる方だけど半分残る」

「世界一休まない日本人」という結果はビジネスパーソンの間で話題に。  ツイッターでは、
「私も休んでないなあ」
 「私も有休消化しきれなかったなー。来年はもう少し使い切らないと」

など、今回の結果もうなずけるような「自分も有休消化してない」報告が続々と。

   「周りの人よりも休んでいるほうだ」と自認している人もいるようだが、

「もっと休もうよ 私は休んでる方だけど半分は有休残っちゃう 明日も私用で休むで!」
 「私は消化率60%だ。もっと使おう。使ってやる。けど、それでも社内では使ってる方なんだよな。日本人やっぱり働きすぎ」

と、休んでいるほうだという人でも完全消化には程遠いという実態も明らかになった。

   多くの職場が同じような状況下にあるようで、

「日本が最下位じゃなかった時があるのが驚き」

との声も上がった。(MM)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中