器用貧乏なんて誰が言うのか 気楽に仕事頼めるあなたは貴重(江上剛)

印刷
「上から『器用貧乏』だと言われます。なんでもできるようでいて、どれもちょいと足らないという感じらしいのです。何か一つに打ち込んで取り組むべきでしょうか」

   あなたはなんでもそつなくこなす人なんだろうね。だから器用貧乏と言われてしまう。

  • 「これぐらい軽い軽い!」と器用にこなすから
    「これぐらい軽い軽い!」と器用にこなすから

いつも余裕ある空気を漂わせ

   でもそつなくこなすのに器用貧乏と言われて悔しくはないか。仕事ひとつまともにできない人が、面白い奴と評価され、あなたのように陰ひなたなくちゃんとやれる人が評価されないなんて不当だ!

   こんな風に怒ってみても評価は評価、甘んじて受けるしかない。

   「どれもこれもちょいと足らない」なんてどういうことだろうか。

   あなたはどんな依頼仕事も水準あるいは水準以上の出来でこなしてしまうから、いろいろと頼まれるんじゃないの? だから器用貧乏って言われるんでしょう?

   ちょいと足らないとなると、水準以下の出来ってことになる。それでは不器用なのに頼まれたら嫌と言えずなんでも引き受けてしまう単なる人のいいおっさん(あるいはおばさん)なんじゃないか。

   自分で器用貧乏と思っているだけではないのかな。

   ちょっと追加の書類作成があるとする。上司は、誰に頼もうかなと思っている。Aが担当なのでAに頼むべきなのだが、なんだか忙しくしている。それであなたを見ると、なんだか余裕のある顔をしている。あなたは何を頼んでも嫌な顔をしない。そこでつい「おい、ちょっとこれを手伝ってくれるかな」と上司は言う。あなたは「はい」と言って立ち上がる。

   こんな職場の風景が想像されるけど、間違っていないかな。Aたちは、忙しくするのが得意なんだ。あなたは違う。いつもなぜか余裕のある空気を漂わせているんだ。だからなにかと専門外のことを頼まれてしまう。

堂々と宣言すればよろしい

   悩む必要なんかない。あなたは立派に職場に必要とされている人材なのだ。

   器用貧乏なんて誰が言っているのか。あなたに仕事を頼んだ上司が言っているのか。それなら失礼な奴だ。たまには仕事を拒否するか、それとも期限オーバーとなっても完璧なものを仕上げて提出すればいい。上司は「おっ」と驚き、あなたを見直すかもしれない。こんな才能があったのかってね。

   同僚が「器用貧乏」と噂をしているなら、それは嫉妬だ。なにかと上司に仕事を頼まれ、それを嬉々としてこなしているあなたが羨ましいだけだ。あなたは堂々と「器用貧乏宣言」をすればいい。

   いずれにしても、ちょいと足らなくても気楽に仕事を頼むことができるあなたはとても貴重な存在。職場にはなくてはならない人材だ。自信を持つべき。いいじゃないか、器用貧乏で。

   あなたが豹変して仕事の依頼を拒否した瞬間に、あなたの価値がなくなってしまうかもしれない。そっちのほうが、私は、怖いね。(江上剛)

江上 剛
江上 剛(えがみ・ごう)
作家。1954年兵庫県生まれ。早稲田大学卒業後、第一勧業銀行(現・みずほ銀行)入行。同行築地支店長などを務める。2002年『非情銀行』で作家としてデビュー。03年に銀行を退職。『不当買収』『企業戦士』『小説 金融庁』など経済小説を数多く発表する。ビジネス書も手がけ、近著に『会社という病』(講談社+α新書)がある。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中