有機ELテレビへの再参入発表 ソニー、2017年中に商品化

印刷

   ソニーは2017年1月4日、有機ELテレビに再参入することを明らかにした。家電見本市が開かれている米ラスベガスで発表したもので、高精細の「4K」画像のモデルを年内にも商品化したいという。

画面を振動させ音を出す技術も

かつてソニーが発売していた有機ELテレビ「XEL-1」。11インチサイズの小型モデル(ソニーのホームページより)
かつてソニーが発売していた有機ELテレビ「XEL-1」。11インチサイズの小型モデル(ソニーのホームページより)

   ソニーは2007年、世界で初めて小型の有機ELテレビを発売したが、3年後には撤退していた。新たに発売するのは「ブラビア『A1E』シリーズ」の77、65、55型で、画面を振動させて音を出す新技術を搭載するという。販売価格や発売地域は明らかにしていない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中