任天堂「スイッチ」前人気上々 ネットには慎重派のだめ出しも

印刷

   2017年3月3日に発売される任天堂の新作ゲーム機、「ニンテンドースイッチ」の体験会が1月14日と15日、都内で開催され、朝日新聞などの報道によると、開場前に3500人以上が並ぶ盛況だった。スイッチは、売上げが伸び悩んだ「Wii U(ウィーユー=2014年発売)」の後継機。売上高が7年連続前年割れと低迷する任天堂を救えるか、注目されている。

  • 過去のゲーム機にも成功と失敗が。スイッチはどちらだろうか
    過去のゲーム機にも成功と失敗が。スイッチはどちらだろうか

人気ソフトの「試遊」でにぎわう

   スイッチは、本体に小型画面を備え持ち運んで遊べるほか、専用のスタンド(ドック)に置いてテレビにつないで据え置き型ゲーム機としても遊べる。体験会では、人気シリーズの「ゼルダの伝説」、「Splatoon」、「スーパーマリオ」などの新作が「試遊」でき、多くの人でにぎわった。

   「WiiU」の発売日には、都内の家電量販店で100人規模の行列が見られた。体験会と発売日とで状況は異なるが、「スイッチ」への期待度は高いと見ていいだろう。

   ツイッターには、

「で、現在 WiiUだけど switch買う( ˇωˇ )」
 「改めてみてもSwitchはWiiUでやりたくても実現できなかったことを詰め込んだ感じがする。」

と期待する声がある。一方、

「今のとこNintendo switchを買う必要性がない...マリカ8も新コース無いしゼルダもWiiUで十分なんだよなぁ...」
 「WiiUは安価なUSBHDDが使えたからいいけどSwitchはmicroSDって話だから相当容量に難儀するぞ」

など、ソフトのラインナップや性能に関して慎重な意見もある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中