2021年 6月 22日 (火)

「独身女」、老後に思い馳せる 「えっ?こんなにかかるの!」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

年間135万円あれば生活できるが

   次に「生活費」。私はケチなので、年間135万円あれば生活できる。ただ、75歳くらいからは介護費用もかかるだろう。その他もろもろの支出を計算し、100歳まで生きるとした場合、なんと「1億円」(!)もかかることが分かった。つましく暮らしたとしても、1億円は必要なのだ。

   計算の詳細は、ちょっとややこしいのと恥ずかしいので省くけれども、とにかく1億円である。もう絶望の1億円事件だ。銀行強盗をするつもりはないが、合法で1億円もらえるなら何でもします。いや、何でもしますなどと悠長なことを言っている暇はなく、とにかく今から、毎月30~40万円の貯金をしなくてはならないのだ。

   昨年度は羽振りがよかったので、正直、そのくらいの貯蓄はできていた。が、今年度は前半にひどく落ち込んだので、毎月30万円も無理である。1億円計画は、早くも挫折しかけている。

   一体、私の老後はどうなるのか。そもそも、1億円ものコストを払って生きる意味って何だろう。私にとって、生きることは働くことだ。仕事は好きだが、仕事をもらえなければ意味がない。つまり今、書いているこの執筆料も、1億円への小さな一歩なのだ。そう思うと、なんだかやる気が湧いてきた。皆さんも一度、「絶望の老後試算」をやってみることをオススメします。(北条かや)

北条かや
北条かや(ほうじょう・かや)
1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。近著『インターネットで死ぬということ』ほか、『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』などがある。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中