インドネシアで実績つくり凱旋 30歳にして社内の希少人材に

印刷

   インドネシアで働いていた知り合いの若者が東京に転職するというので会ってきました。

   彼は、私が2013年に書いた本『セカ就!』の登場人物のモデルの一人(あの本の登場人物は、海外で働く複数の人たちの組み合わせです)。当時、インドネシアの物流業の会社で本当に生き生きと働いていたので、どんなふうにキャリアを積んでいくのか楽しみにしていました。

  • インドネシアでキャリアを積み、30歳で「レアカード」に成長
    インドネシアでキャリアを積み、30歳で「レアカード」に成長

替わりになる人が社内にいない

「これから、インドネシアに新規展開する会社に入ることにしました」

   これから働くのは、日本の大手機械製造会社。インドネシア進出に当たって、会社の方針は「部品を日本から調達するのではなく、現地の会社から調達する」ということだそうです。これは、現地に利益を還元するという意味では美談でもあるのですが、現地で調達し販売したほうが物流コストを大幅に下げられるという、実利を伴う経営判断でもあります。

「最初は日本で仕事をしますが、インドネシアに駐在することを前提に採用されました。現地企業との交渉や、調整をすることになります。現地で今までやっていたことなので自信はありますが、会社の大きな期待を背負っているというプレッシャーも感じています」

   彼は、まだ30歳。日本の大手企業であれば、まだチームリーダー的な仕事さえ任されていない人も多い年齢です。その歳で、会社が巨額の投資をするプロジェクトの重要な役割を任されるのは、彼に替わる人が社内にはいない人材だからです。

「インドネシア進出は初めてなので、インドネシア人と交渉したことがある人はいません。そういう点ではナンバーワンですね」

   日本国内で日本人と交渉できる人は山ほどいます。その交渉力は、ベテランのほうが有利なことが多々あります。しかし、海外で外国人と交渉したことがある人はごく少数です。その経験が必要な職に関しては、年齢に関係なくトップの実力になることができるのです。

「レアカードになる」という方法

「実は、この業界、新卒で就活をしたときに受けて、落ちた業界なんです。リーマンショック後で就活も本当に厳しかったし、自分にも実力がなかった。でも、ちゃんと自分が誇れる実績を作った上で、再チャレンジすることができたんです」

   人と同じことをしていたら、優秀な人には勝てませんし、自分より先に始めた人を追い越すのも困難です。しかし、人がやりたがらないこと、人気がないこと、でも、市場から望まれることをできる人は重宝がられます。いわゆる「レアカードになる」という方法です。

   彼はインドネシアに来た当初から、でっかい仕事をやりたいという野望を語っていました。その野望に向けて着々と堅実に進んでいる姿を見ると、実に頼もしく、私にとってもこういう人をもっと増やしていきたいという、今の事業へのモチベーションになります。

   日本の若者のみなさん。まだまだチャンスはありますよ!(森山たつを)

※本人の特定を避けるため、業種や年齢などを細かくずらしています

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中