2018年 12月 16日 (日)

中国人見込み「アリペイ」対応 春節、ローソン全店で熱烈歓迎

印刷

   コンビニ大手のローソンは、2017年1月24日から国内全店舗で、スマートフォンを使った中国の決済サービス「アリペイ(支付宝)」での支払いに対応する。昨年から一部店舗で利用できたが、1月28日からの春節(旧正月)に多くの中国人旅行者の訪日が予想されることから、需要を見込んで約1万3000あるすべての店舗での導入を決めた。全国展開はローソンが初となる。

  • 支付宝ホームページより
    支付宝ホームページより

中国では4億人以上が利用

   アリペイは、中国のネット通販会社最大手のアリババグループが運営する電子決済サービス。スマートフォンの画面に表示されるQRコードを端末で読み取ることで簡単に支払いができる。中国ではおよそ4億5000人が利用しており、日本でも中国人旅行者の買い物の利便性を高めようと導入が拡大している。

   日本政府観光局の統計によると、2016年日本を訪れた中国人は600万人以上。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中