2021年 5月 13日 (木)

同一労働同一賃金の実現には ここから手を着けるのが一番早い(ライフネット生命・出口治明)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

「大成功が失敗の母」とは皮肉

   バブル崩壊までの日本は、すべてがうまく回っていました。東西冷戦下、日本は米国のすねをかじる形で繊維、鉄鋼、自動車、半導体産業を育て、人口が増えることで国内市場は拡大し、工場モデルで輸出を伸ばしました。労働者は「飯、風呂、寝る」で黙々と働けば給与は右肩上がりで伸びる。しかも10年で所得が倍になる。天国のような境遇を味わいました。

   それがいまや一変。冷戦は終わり、人口は減り始め、サービス産業への移行で工場モデルは役に立たなくなりました。いわば「大成功が失敗の母」という皮肉なことになってしまいました。

   社会のしくみが変わった現在、どんどんアイデアを出す若い人たちにきちんと賃金を払うために、あるいは「もう帰るのか」という上司をなくすために、たとえば残業禁止を法制化するなどの思い切った措置を取ることが必要だと思います。日本人は、法律をつくれば順守しますから。

   結局、日本は戦後の恵まれた環境に過剰に適応したために、その環境の激変で生存が危うくなった恐竜のようなものです。はたしてわれわれは危機にあることをどれだけ自覚しているでしょうか。定年廃止、成績採用、残業禁止といった思い切った施策を行うことによって、同一労働同一賃金を実現する方向へ舵を切ることが求められていると思います。(出口治明)

出口治明
出口 治明(でぐち・はるあき)
ライフネット生命保険株式会社創業者。1948年三重県生まれ。京都大学卒業後、1972年に日本生命保険相互会社入社。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを歴任。2008年、ライフネット生命保険株式会社を開業。著書に『生命保険とのつき合い方』(岩波新書)、『働く君に伝えたい「お金」の教養--人生を変える5つの特別講義』など。
2018年1月から、立命館アジア太平洋大学学長、学校法人立命館副総長。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中