2019年 12月 16日 (月)

3時間半労働で報酬85%確保 日生の新勤務形態に注目集まる

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   生命保険最大手の日本生命保険は、介護や育児中の営業職員向けに1日の労働時間をフルタイムの半分(3時間半)にする新たな勤務形態を2017年4月に導入するという(朝日新聞2017年1月18日付)。

   新制度は、介護が終わるか子どもが小学校生活に慣れる1年生の8月末まで利用でき、標準的なケースで、歩合制の部分を合わせてそれまでの報酬の85%程度を確保できるそうだ。

  • 働く時間は半分でも報酬は半分よりはるかに多く
    働く時間は半分でも報酬は半分よりはるかに多く

歓迎の一方、問題指摘も

   日本生命の営業職員は5万人おり、そのうち数千人が介護や育児に取り組んでいるという。制度導入は、仕事を続けやすい環境を整え、優秀な人材をつなぎとめる狙いからだ。

   このニュースに対し、ツイッターでは、

「3時間半勤務...わしもしたい...」
 「1日3時間半(半分)勤務で給料は85%...ありがた~い会社」
 「遅すぎるワークシェアリング。1990年代半ばに導入すれば非正規雇用ゼロでいけた」
 「歩合入れれば給与85%確保? なら育児介護してる人は断然こっちでは。%は人によるだろうけど」

などと歓迎する声が上がった。一方では、

「募集実績によって資格と歩合給が支払われるのが生命保険会社の一般的な賃金制度なので、中身に非常に興味があります。しかし、労働時間半分で従前の成績を挙げるのはたいへん」
 「日本生命、3時間半勤務を導入...って、通勤時間考えたら、休みにするか定時まで働くかのほうが、負担は少ないなぁ。3時間勤務のために往復2時間の通勤+1時間の出勤準備とか、すっごくあほらしい(笑)」
 「勤務時間は半分なのに、報酬の85%程度になるのか。いろいろ反感を買いそうな新制度だな」

など、問題点を指摘する人も少なからずいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中