浜松が餃子購入額3年連続首位 宇都宮の猛追しのぎ、市長万歳

印刷

   2016年のギョーザ(餃子)の1世帯あたり年間購入額で、静岡県浜松市が3年連続の日本一に輝いた。2017年1月31日発表の総務省「家計調査」12月分速報値を加えて集計した結果を、同市が発表した。この統計では、宇都宮市が2010年まで15年連続で守っていた首位の座を、浜松市が2011年に奪い初の日本一に。2013年に奪還されたが、2014年からV3。両市は「餃子の街」の東西二強としてしのぎを削っている。

  • 餃子日本一を喜ぶ浜松市の公式ツイッター「てこんちょ浜松」
    餃子日本一を喜ぶ浜松市の公式ツイッター「てこんちょ浜松」

「直虎ちゃん」と喜び分かつ

   浜松市の年間購入額は前年比172円増の4818円。宇都宮市は12月に623円を積み増し追い上げたが(浜松市は12月、384円)、4651円にとどまった。宮崎市(2895円)、京都市(2869円)、大津市(2753円)が続いた。統計の対象となるのはスーパーや持ち帰り専門店で購入されるもので、中華料理店で食べたり持ち帰ったりするもの、スーパーなどで売られる冷凍ものは含まれない。

   浜松市役所の公式ツイッター「てんこちょ浜松」は31日、「総務省家計調査の『ぎょうざ』品目で、浜松市が初となる3年連続日本一を達成しました!!」と投稿した。掲載された写真では、鈴木康友市長と市のマスコットキャラクター「出世法師直虎ちゃん」が万歳して喜びを表現している。

   こうしたニュースが流れると、ツイッターには、

「また浜松市ギョーザ日本一じゃん!おめでとー!」
 「これは宇都宮が黙ってないんじゃないか(笑)?」

といった声が寄せられた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中