午後8時までの退社を呼びかけ パナソニック社長、全従業員に

印刷

   パナソニックは、午後8時までに仕事を終えて退社するよう、国内全グループの従業員約10万人に通知した。仕事の効率を上げ、長時間労働を減らす意識を高める狙いがあるという。同社の広報担当者によると、津賀一宏社長が2017年1月31日、全従業員に向けたメールで呼びかけた。午後8時までの退社のほか、時間外労働を月80時間以内に抑えることも求めたという。

  • おっと、もう8時だ
    おっと、もう8時だ

終業時間は部署によりさまざま

   パナソニックの就業規則では、1日の所定労働時間は7時間45分と定められているが、始業・終業時間は部署によってさまざま。3交代勤務の工場や、時差のある海外との取引がある部署もある。フレックスタイム制や在宅勤務、半休制度の活用も日常的に呼びかけられている。

   パナソニックは旧松下電器産業時代の1965年、創業者の松下幸之助氏が他企業に先駆けて完全週休2日制を導入した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中