2020年 7月 11日 (土)

「また」「あと」の多用 【エントリーシート4】

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「読むだけで変わるエントリーシート」講座4回目は「また」「あと」の多用です。

   私が「また」「あと」の多用を愚と知ったのは、とある就活イベントのことでした。私は某企業の採用担当者氏にブチ切れたのです。

  • 長すぎて長すぎて、あくびが出るよ
    長すぎて長すぎて、あくびが出るよ
  • 長すぎて長すぎて、あくびが出るよ

すっきりさせるには、こうする

   その人の話、内容はなかなかよかったのですが、問題は、長い。話が長い(2回目)。

   予定が30分のところ45分になるわ、イベント最後の企業講評でも10分以上、だらだら話しやがって(殺意)。私はとうとうブチ切れてしまいました。「話、長いしさあ」。おかげで「他人の振り見て我が振り直せ」のことわざ通り、私も話の長さには相当注意するようになりました。

   さて、この採用担当者氏の話の長さの象徴が、接続詞の使い方です。やたらと「また」「あと」を使っていました。多用すると、話の終わりが見えないので、冗長な印象を高めます。

   実はこれ、文章が下手な人の特徴でもあります。

   学生向けのエントリーシート解説講座で二人の講師が話をしたとしましょう。内容はほぼ同じ、表現の違いにご注目ください。

〔講師A〕
「エントリーシートで大切なことは、文章表現です。それも文末を適度に変えていくことが大事です。〈中略〉。あと、接続詞の使い方も重要です。〈中略〉。また、数字の使い方は気を付けましょう。〈中略〉。また、自己PRとガクチカネタをどうするか、ここも重要です。それについては、次回、解説しますので、よろしければ講座にご参加ください」
〔講師B〕
「エントリーシート作成で気を付けたい文章表現は3点あります。1点目は、文末。適度に変えていきましょう。〈中略〉。2点目は、接続詞です。「また」「あと」の使い方は特に注意してください。〈中略〉。3点目は、数字の使い方です。〈中略〉。ここまで、文章表現について、3点、お話しさせていただきました。では、肝心の内容、それも自己PRとガクチカネタはどう書くべきでしょうか。それについては、次回、解説しますので、よろしければ講座にご参加ください」

   講師Aの話し方、どうです? 「また~、あと~、また~」と、いつ終わるかわかりませんね。内容がよくても「また」「あと」の多用で、話の先が見えないのです。聞かされる学生はたまったものではありません。

   講師Bはどうでしょうか。話している内容は同じです。なのに講師Aより、すっきりして分かりやすいという印象を持つ方が多いはず。

   まず内容について、先に「3点あります」と提示しています。そのうえで「1点目は~。2点目は~。3点目は~」。この表現だと、聞き手は、イライラすることがありません。

石渡嶺司(いしわたり・れいじ)
1975年生まれ。東洋大学社会学部卒業。2003年からライター・大学ジャーナリストとして活動、現在に至る。大学のオープンキャンパスには「高校の進路の関係者」、就職・採用関連では「報道関係者」と言い張り出没、小ネタを拾うのが趣味兼仕事。主な著書に『就活のバカヤロー』『就活のコノヤロー』(光文社)、『300円就活 面接編』(角川書店)など多数。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中