2021年 9月 24日 (金)

社長熟考、「死ぬまで」と結論 後継問題にコンサル好アシスト

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

問題は経営者のマインドにある

   「おもしろくもない後継問題の優先順位を守りつつ常に意識して一生懸命考え続けたおかげで、ようやく結論が見えた。真剣に考え抜いた結論として、私は死ぬまで社長をやる。社員にも家族にもそれを宣言し、それを行動で示すつもりだ。恐らくそれが当社にとって後継を育てる一番いい方法ではないだろうかと思う。Sさん、ありがとう!」

   えっ? それではミッションは白紙のまま?

   「それでよかったのですか」と私が尋ねると、S氏は、

「事情を知らない人は、『後継者も育てずにいつまで社長をやる気なんだ』とあきれるかもしれません。でも問題の優先順位を落とさずに考え抜いた末の結論だからこそ、私は社長の決定を全面的に支持しました。会社によって後継問題の決着の仕方は違って当たり前。大切なことは優先順位を守り、問題から逃げずに真剣に向き合ったかどうかです」

と、彼なりの受け止め方を説明してくれました。

   すなわち、後継問題とは、後継に実権を譲れないという現象が問題なのではなく、その問題を真剣に考えない、考えたくないという経営者のマインドが問題であり、真剣に考えさえすればその会社にとって最良の結論が必ず出るのだと。私のような、何はともあれ極力早期に後継者をつくるべきだと性急に考えがちな者には、目からウロコのお話でありました。

   R社社長はその後も元気に経営トップを続けられ、御子息が会社に入ることを検討されているという近況を聞いているそうです。(大関暁夫)

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中