2018年 10月 16日 (火)

ライセンスブランド市場が縮小 「バーバリー」の穴が埋まらず

印刷

   市場調査・マーケティングの矢野経済研究所が実施した国内ライセンスブランド市場の調査によると、2015年の国内市場規模は1兆2294億円で、前年比95.7%に留まった。数の上では前年度以上の業績をあげたブランドが前年度割れのブランドを上回ったが、不調ブランドのマイナス額が好調ブランドのプラス額を上回り、とくに「バーバリー」などのライセンス事業終了ブランドによるマイナスが大きく影響したとみられる。

  • ブランド品か、そうでないかで大違い
    ブランド品か、そうでないかで大違い

背景に市場環境の悪化などが

   前年割れという結果について、(1)市場環境の悪化(消費者のブランド離れ、主に中間層にみられる低価格志向の定着、慣例・返礼ギフトの減少など)、(2)国内・国外の有力 SPA(製造小売)企業の台頭による競争激化、(3)主販路である百貨店や、量販店の販売力低下などが背景にあると同調査では分析している。

   2016 年についても、インバウンド(訪日外国人客)需要が沈静化したことなどから、国内小売市場規模は前年比96.0%の 1 兆 1,800 億円と、更に縮小したと同調査は見込む。

   調査は2016年9月から12月にかけて、海外ブランドの日本市場における窓口企業(マスターライセンシー企業)と、マスターライセンシー企業との契約で商品の製造販売を行っている企業(ライセンシー企業)を対象に実施。アニメなどのキャラクターブランドは対象外。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中