2020年 11月 25日 (水)

オークションかフリマアプリか 広がるネット売買、悩みどころ

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   3月4月は引っ越しシーズン。不要品を処分したい、当座必要な物を安く買いたいという人もたくさんいるだろう。そんなときに役立つのがインターネットを介した売買システムだ。

  • ネットオークションには値上がりの期待もあるが
    ネットオークションには値上がりの期待もあるが
  • ネットオークションには値上がりの期待もあるが

個人情報やり取りの有無も

   オークションサイトの最大手はYahoo!オークション、通称「ヤフオク」だが、最近はフリーマーケット形式のアプリ「メルカリ」や「フリル」、楽天が運営する「ラクマ」なども人気を集めている。その流れで、ヤフオクでも2017年2月2日から「フリマ出品」という形式で商品を売りに出すことができるようになった。

   どこを選べばよいか悩むところだが、まずはその出品形式に注目したい。

   オークションサイトは、その名の通り「オークション(競売)形式」で、買い手の入札によって商品の値段が決まる。レアな物品やマニアが多くいるコレクターズアイテムは値上がりしやすい。マニア同士の「入札合戦」になれば、驚くほどの高値がつく場合もある。

   ただし、入札期間があるため「即売」できないこと、入金確認や商品発送など落札者とのやりとりを自分で行わなければならないことがデメリットとして挙げられる(ヤフオクには「Yahoo!かんたん決済」などのシステムがあり、手続きがかなり簡素化されてはいる)。通常、決済や発送のために自分の氏名や振込先、発送時の住所などの個人情報を落札者に示す必要もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中