バニラエア、「成田‐関空」に新路線

印刷

   ANAホールディングスの格安航空会社(LCC)バニラエアが、成田空港と関西国際空港を結ぶ国内線の運航を、2017年2月18日から開始した。朝と夜の1日2便。運賃は3650円から。

   成田‐関空線は、2014年7月に就航した成田‐奄美大島線に続く国内線4路線目。この区間はすでにピーチ・アビエーション、ジェットスター、春秋航空日本が運航している。

  • バニラエアが成田‐関空線の運航を開始
    バニラエアが成田‐関空線の運航を開始

新路線を続々と拡充

   このニュースを受けてツイッターでは、

「3000円とか安すぎる」
「めっちゃいい時間帯の便あるし、値段も安いし。一回乗ってみたい!」

など、評判も上々だ。

   バニラエアは、2月19日には成田空港と函館を結ぶ路線の運航を開始。3月には新路線となる関空発着の函館線と奄美大島線の就航を予定している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中