消費者物価、1年1か月ぶり上昇 家計支出は11か月連続で減少

印刷

   総務省が2017年3月3日に発表した1月の全国消費者物価指数(CPI、15年=100)は、生鮮食品を除く総合指数(コアCPI)が99.6で、前年同月比で0.1%、前月比では0.3%上昇した。

  • キャベツや白菜などの野菜が高騰した
    キャベツや白菜などの野菜が高騰した

エネルギーと生鮮野菜など高騰

   プラスに転じたのは1年1か月ぶりで、ガソリン、灯油、電気代などのエネルギー価格の上昇が指数を押し上げた。

   生鮮食品を含む総合指数は100.0で、前年同月比で0.4%上昇。前月比で0.1%の上昇となった。

   一方、同時に発表した1月の家計調査(速報)では、1世帯(2人以上)あたりの消費支出が27万9249円となり、物価変動の影響を除いた実質ベースで前年同月比1.2%減少した。減少は11か月連続。消費者の節約志向が根強く続いているとみられる。

   項目別でみると、食料が2.6%減と6か月連続で前年を下回った。キャベツやハクサイなどの生鮮食品の価格高騰が響いた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中