2020年 11月 28日 (土)

通勤ラッシュから解放されたい人へ 会社は「郊外」がいいよ...

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   大手町に丸の内、有楽町など「オフィス街」と呼ばれる場所は、東京の中心地に多い。毎日数多くのビジネスパーソンが都心に向かって通勤しているが、駅や電車の通勤ラッシュで、始業前から疲れ切ってしまっている人は少なくないだろう。

   そんな通勤風景に疲弊した人から、「会社は郊外にあったほうがよいのでは?」という意見が、ネット上に寄せられた。

「仕事のつらさの半分は電車通勤だった」

ゆったりした土地のほうが仕事がはかどる?
ゆったりした土地のほうが仕事がはかどる?

   そんな投稿が書き込まれたのは、Q&Aサイト「発言小町」だ(2017年2月18日)。

   最近、都心の会社から郊外の会社に転職した投稿者。職場近くに引っ越し、徒歩通勤しているが、「快適です...。電車通勤ってなんて辛かったんだろう...」と痛感している。

   満員電車や遅延に悩まされていた日々を、「仕事のつらさの半分くらいは電車通勤がいけなかったんじゃないか」と振り返り、新たなビジネスライフを満喫しているようだ。

   都心に職場を構える多くの会社にとっては、「取引先と近くて営業周りしやすいとか、隣県などからも人を雇いやすいとか」といったメリットが推測できるが、それにしても、

「これだけ従業員のストレスが違うんだったら、会社は郊外にあったほうがいいのでは? と思うのですが」
「郊外にあれば土地代も安かろうし、社員のメンタル維持コストも浮きそうだし、なかなかいいと思う」

などと、「郊外での勤務はいい」と訴えている。

   寄せられたコメントの中には、投稿者同様、勤務地が都心から郊外に移ったという人から賛同の声が寄せられている。

「車通勤なのですが、東京ほど人が多くないので渋滞もないし、満員電車のストレスとは皆無で、買い物もネットで今はほとんど出来るので何も困らず、かつ土地代が安いので、その分家にお金をかけることが出来、都会に住んでいたときより、家にいることの快適さも格段に上がりました」
「私も都内に7年勤めてから隣県に転職して、今は自転車通勤でゆったり暮らしています。都内ほど店や品物はありませんが、前職では通勤で余裕がなく、ほとんど仕事帰りは家に直帰していたので昔から都会を満喫していた訳ではなく。40才を越えた今になっては、今の居住環境でなければこれほど長く仕事を続け、これだけの収入は得られなかったろうとつくづく思います」

など、ストレスフリーな生活を送れるという点で、郊外勤務に賛成している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中