2021年 9月 24日 (金)

通勤ラッシュから解放されたい人へ 会社は「郊外」がいいよ...

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

刺激のなさがストレスになる人も

   一方で、「やっぱり都心がいい」との意見も、たくさん書き込まれている。

「日本全国に事務所がある会社は、飛行機・新幹線がある都内が便利。仮に沖縄に本社を移したら、会議なんかテレビ会議にでもしない限り、北海道の営業所が大変だよね。研修も大変。やはり双方にとっても物理的にも都内が中間地点で便利だと思う」
「たとえば営業の方はどうするのでしょうか? 毎日、地方からお客様のいる都会に出るために何時間もかけて出ていくことになり、時間の無駄使いになってしまいますね」
「独身で気軽な時代を除くと、社会人の大多数は自宅に縛られています。引越しが出来ない前提で、多くの人が通いやすいのは、交通至便な都会になります」

などと、会社が都心にあることの必然性を説いている。

   さらに、投稿者とは反対に勤務地が郊外から都心に変わった人からは、

「今まで郊外だった時は、昼食は弁当か社食しかありませんが、今は都心のため、外にランチに出かけられますし、仕事帰りの買い物も便利です」
「以前、郊外の事務所にいたけど、銀行も郵便局も法務局も社会保険事務所もハローワークも商工会議所も税理士事務所もなにもかもがすべて遠いし食事するところもないし、昼休みに息抜きもできやしない。ストレスたまって大変でした」
「郊外は近すぎて会社の延長に自宅自宅の延長に会社って感じだし、刺激がなかったな。すぐに飽きました」

と、むしろ郊外の職場のほうがストレスを感じていたとの声も寄せられた。

   外出が多かったり、他社と顔を合わせる機会が多かったりする仕事なら、やはり都心の方が便利そうだが、そうでなければ、自分のライフスタイルや生活に合っているかいないかが決め手のよう。

   あなたは都心での勤務と郊外での勤務、どちらがいい?(MM)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中