それってアリなの? 35歳以上の出戻り入社

印刷

   人材採用・入社後の活躍を支援する、就職情報のエン・ジャパンが実施した転職求人サイト「ミドルの転職」上でのアンケート調査(557人が回答)によると、35歳以上のミドル世代の1割が「出戻り入社」を経験していることが分かった。2017年3月3日に発表した。

   「一度退職した職場に出戻り入社をしたことがありますか?」という質問に、10%が「ある」と回答。ツイッターで話題になっている。

きっかけの多くは役員や上司からの誘い

「出戻り入社」はアリ、なし?
「出戻り入社」はアリ、なし?

   「出戻り入社」の経験者にきっかけを聞くと、もっとも多い回答は、「前職の社長・役員・上司からアプローチがあったから」の67%。「前職場の人とのプライベートなつながりで」が33%、「前職の経営者交代」が20%と、役職の高い人からの誘いや経営陣の交代などが背中を押すようだ。

   そのほか、「前職の同僚からのオファー」「前職の部下・後輩に薦められて」がともに6%、「勤めていた企業が倒産して」は4%、「知人に薦められて」が2%だった。

   「出戻りをする際に気をつけたこと」は、「変化を受け入れ、対応していく」が50%と半数を占める結果に。次いで「新人に戻った気持ちで仕事をこなす」が30%、「前職で得た知識を遠慮せず、発信する」24%、「外から見て感じたことを遠慮せずに発信し、社内改善していく」が19%と、前向きな回答が寄せられる。

   その一方で、「変に下手に出ず、以前と同様に立ち回る」が17%、「先輩・後輩に関係なく、周囲に敬語を使う」「仕事内容に不満でも、文句を言わない」がともに13%と、淡々と現実を受け入れているかのような回答も目立った。

「1割もいるのか」

   このニュースに、ツイッターでは

「1割もいるのか」 「1割もいるのね。個人的には転職して後悔することはあっても、出戻りはしませんわ」
「人再(出戻り入社)人剤(常に修羅場に投入されるお助けマン)人坐位(長老あるいは即身仏をぼかしていう言葉)なんてのもあるけどな」
「出戻り入社組がまた1人あるらしい。中途入社組が多いのに、他社へ出ないとウチのホワイトさがわからんらしい(笑)」
「今の会社、ブラック企業なのに出戻りが結構ある。出戻りと言っても次へのつなぎだけどね」

などと、反応はさまざま。

   実際に出戻り入社した人からは、

「そういや昨日から出戻り入社したけど、思ったより歓迎されてたし、至って普通に溶け込んでたから良い意味で拍子抜けした」
「そして、本日より前に勤めてた会社に出戻り入社することに... ビジネスマナー的に、出戻りって失礼にあたるみたいね。もう、どこを探しても何かしらの理由ですぐに辞めてしまうので、現在勤めてる会社で骨を埋める覚悟でがんばろうかと」
「4年振りに出戻り入社した会社。仕事の勘を取り戻すのに必死なのに、みんな容赦なく仕事振ってくる~」

といった声があがっていた。

   一度、違う会社に在籍すると、前職の良さが分かるのだろうか。転職の1つの選択肢として、「出戻り入社」もアリかもしれない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中