残業、じつは「増やしたい」 都会暮らしは厳しいんです!

印刷

   残業時間を減らし、長時間労働を是正するための「働き方改革」が、政府・財界で進められている。

   会社員は定時にサッサと帰りたいもので、残業は会社や上司に強いられるもの。働き方改革は大歓迎...... と思いきや、どうやらそうでもないケースは少なくないらしい。

理由は「生活費を増やしたいから」

「是非、残業したい」人も結構いるらしい
「是非、残業したい」人も結構いるらしい

   エンジニア向け情報サイト「fabcross for エンジニア」は、20~59歳の会社員・公務員1万145人を対象に「残業」に関するアンケート調査を実施(2017年3月2日公表)。残業時間に応じてグループ分けし、残業に対する考え方の違いを分析した。

   それによると、「平均的な1カ月の残業時間」は、21.3%が「残業時間ゼロ」と回答。57.2%が「1~10時間」、15.6%が「11~20時間」、9.6%が「21~30時間」と、82.4%が30時間以内と答えた。「平均的な残業時間」の中央値は10時間だった。

   1か月に45時間以上(残業時間の上限)残業していると答えた人は1107人で10.9%を占めた。また、100時間以上も209人(2.1%)いた。

   「理想的な残業時間」はどれくらいかとの問いには、「残業ゼロ」と答えた人が31.8%。33.7%が「1~10時間」と回答。93.8%が「30時間以内」に収めたいと答えた。

   分析では、現在の1か月の平均的な残業時間から、6.5時間減らせば理想的な残業時間になると算出。有効回答者のうち2278人(22.7%)は、「平均的な残業時間」よりも「理想的な残業時間」のほうが多く、「もっと残業を増やしたい」と望んでいることになるとしている。特に、残業ゼロの有効回答者に限ると、29.6%で「理想的な残業時間」が「平均的な残業時間」を上回った。

   一方、「自分の勤めている企業・団体で残業を減らすのは無理だと思う」という考えに賛成したのは45.9%。20.5%が反対の立場をとった。

   残業する主な要因は、「残業費をもらって生活費を増やしたいから」が34.6%で最多。「担当業務でより多くの成果を出したいから」(29.2%)、「上司からの指示」(28.9%)、「自分の能力不足によるもの」(28.9%)と続いた。

基本給だけじゃ一人暮らしは...

   この調査結果に、ツイッターではさまざまな反応がみられる。

「金のために残業するなんて... 会社を食い潰していくつもりなのだろうか。ただでさえ労働人口も減ってるのに。無駄なことせず成果をあげなきゃ」
 「こういう理由で残業する人がいると、周囲も帰りづらくなるし人件費もかさむし、組織として迷惑です」
 「そりゃ日本は生産性が低いって言われてしまいますね...」

など、残業代目当ての残業をしているという人たちへの非難が寄せられる一方で、

「とてもよくわかる。残業しなかったら私の手取りは激安だよ」
 「うちの会社の基本の給与では、年齢相応の生活できない。だから私は手っ取り早く残業を選ぶ。給与大幅アップ無いとノー残業デーとか、ただの嫌がらせ」
 「ま、そうだよね。特に都会一人暮らしだと家賃やらなんやらで基本給だけだと、遊ぶ金すら残らないから。残業代が出る若いうちは、ほどほどに残業したほうがいいよ」

など、「理解できる」という声も多い。

「基本給があがって、収入の問題がなくなれば、残業しないよね」
 「企業が副業を推進するというか、むしろ斡旋すれば残業減ると思うんだよね」

など、規制に頼らない残業削減案も投稿されている。

「それよりも『客が待ってくれないから』『納期がベリータイト』『そんな仕事がてんこ盛り』じゃないすかね」
 「普通に仕事が忙しい、やることが多いからって理由がないのはなんで?」

と、選択項目が少なく実態に合っていない結果なのでは、という指摘もあった。(MM)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中