人は「不安」から逃れられない 没頭できることをやってみよう!(江上剛)

印刷
「40歳をいくつか過ぎて、漠然とした焦りを感じます。どのように気持ちを落ち着かせればよいのでしょうか」

   あなたの問いは、深すぎて答えはないね。無理だと一言で片づけたいところだけど、そう言うと身も蓋もない。

  • 人は不安だらけ
    人は不安だらけ

いくつになっても「不安」だらけ

   漠然とした焦り、それは不安なのだけど、60歳をいくつか過ぎた私も感じる。捉えようのない焦り、不安。人生の終わりが近づいてきたせいなのか。あまりにいろいろなものを持ち過ぎたのか。

   無為自然を唱えた中国の古代の聖人、老子は「無為を為し、無事を事とし、無味を味わう」と言っている。

   とにかく何もしない何もないのが一番だというんだね。

   これは本当のこと。

   あなたも40歳を過ぎたのなら、妻も子供もいるでしょう。自分のことも気になるけど、妻や子のことも気になる。子のことは妻のことよりずっと気になるかもしれない。子の成績が良ければ、良いで不安。デキが悪けりゃ悪いでもっと不安。

   こうなると妻も子もいない人が羨ましいだろうね。心配事がそれだけないのだから。でも妻や子がいない人は、この先もずっと一人で寂しい老後を過ごすのかと想像するだけで不安になる。

   また、あなたがお金持ちだったら、減らないか、取られないかと不安になる。貧しいなら、明日は飢え死にするかもしれないと不安になる。

   人間に生まれた以上、この漠然とした焦り、すなわち不安からは逃れようがない。だから仏陀も悟りを求めて王宮を出た。

   人間には想像力という力がある。これは無い物を想像する、有る物のように想像する力だ。よくは分からないけど、人間だけの固有の力じゃないかな。

日々是好日、一瞬、一瞬の積み重ね

   それが人間をここまで発展させてきた。終末へ焦りや不安を解消するために「神」なんてモノを想像してしまったくらいだからね。それにすがって焦りや不安を無くそうとした。だけど無理だよね。無理なことは分かっていてもどうしようもない。それが人間という存在。

   あなたは40歳をいくつか過ぎたから焦り、すなわち不安を感じているのではなく、人間だから不安を感じてるんだよ。

   不安を無くすことはできない。宗教に頼っても無理。だけど、老後のための資金を貯める(これもいくらあっても安心ということがないから、自分で決める必要がある)とか、健康維持のために運動する(これもやりすぎると不健康になる)とか、いくつかの具体策を考えておいたほうがいいね。

   そのほかには、自分の趣味を持ち、没頭することだね。これは坐禅と同じで、人間の想像力を、一つのことに集中させて、一時的でも不安を解消する手段だ。一に帰る、一瞬、一瞬を生きる。それが禅の神髄だけど、一瞬、一瞬の積み重ねが永遠になると考えるしかない。あなたの質問、とても深くて答えが無い。それだけは言えるね。

   日々是好日。グッドラック!

江上 剛
江上 剛(えがみ・ごう)
作家。1954年兵庫県生まれ。早稲田大学卒業後、第一勧業銀行(現・みずほ銀行)入行。同行築地支店長などを務める。2002年『非情銀行』で作家としてデビュー。03年に銀行を退職。『不当買収』『企業戦士』『小説 金融庁』など経済小説を数多く発表する。ビジネス書も手がけ、近著に『会社という病』(講談社+α新書)がある。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中