日本コロムビア、上場廃止に 「アイマス」ファンからは悲鳴も

印刷

   音楽配信事業などの「フェイス」は、大手レコード会社「日本コロムビア」を完全子会社化すると、2017年3月28日に発表した。

   フェイスは現在、50.88%の日本コロンビア株を保有。残りをすべて取得することで、コロムビア株は7月27日付で上場廃止となる見通し。

  • 日本コロムビアのホームページより
    日本コロムビアのホームページより

「アイマスどーなるんや」

   日本コロムビアは、1910年設立の日本最古のレコード会社。演歌や歌謡曲を中心に16万曲の楽曲を抱える。ここ数年はアニメ「アイドルマスター」やゲームソフト「すみっこぐらし」が大ヒットするなど、アニメ関連作品やゲーム関連事業の売り上げが好調だった。

 

   2017年3月期の売り上げは、前年同期比4.6%増の約105億円。本業のもうけを示す営業利益が68.1%増の約16.9億円の見通し。

   一方、フェイスは1992年設立。99年に世界で初めて携帯電話の「着信メロディ」を実用化し、世界約100か国に展開した。2002年には設立から10年足らずで東証1部に上場を果たした。

   同社の17年3月期の売り上げは、前年同期比2.5%増の約156億円。本業のもうけを示す営業利益が37.6%増の約16.8億円の見通しと堅調に推移。その半面、音楽配信が伸び悩んでいる。

   フェイスは17年2月28日にも、レコード会社「ドリーミュージック」の過半数の株式を取得し、連結子会社化するなどコンテンツホルダーとの連携の強化を進めている。今回、日本コロムビアを完全子会社化することで、資本や事業の一元化や意思決定のスピードアップなどをより一層進めることを狙う。

   この発表を受けて、ツイッターでは、

「コロムビア上場廃止? アイマスどーなるんや」
「アイマス関係のCDにも影響出て来たりするんだろうか」
「コロムビアの利益のかなりのポーションがアイマスだから、死んでも手放すことはない... はず」

と、「アイマス」ファンからの心配の声が少なくなかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中