2018年 9月 19日 (水)

介護職員の月給9530円増 厚労省が調査

印刷

   介護施設で働く介護職員の平均給与が、2016年9月時点で前年より9530円増えたことがわかった。2017年3月30日、厚生労働省が介護従事者処遇状況(2016年度)の調査結果を発表した。

   調査は、全国の特別養護老人ホームなど1万577施設・事業所を対象に実施。有効回答率は76.2%だった。

  • 介護職員、給与アップ!
    介護職員、給与アップ!

平均給与は月28万9780円

   常勤職員の給与は、賞与などを含めた平均で月28万9780円(10円未満は四捨五入)。うち、基本給は前年より2790円増の17万9680円、手当は2560円増の6万4240円、賞与などは4190円増の4万5860円だった。

   厚労省は2015年度の介護報酬改定で、介護職員1人につき月平均1万2000円相当の収入が増える「処遇改善加算」を導入した。同省は「加算の効果が表れた」としたうえで、「介護施設の経営努力で、処遇改善は着実に進んでいる」とみている。

   職員の平均給与は、勤続年数にかかわらず上昇。勤続1年が最多の月2万5310円増。10年以上が最も少ない月7380円増だった。

   政府は4月から、「ニッポン1億総活躍プラン」に基づいて、介護職員の給与をさらに月1万円相当増やす。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中