2月の完全失業率、22年ぶりの2%台

印刷

   総務省が2017年3月31日に発表した2月の労働力調査によると、季節による変動要因を除いた完全失業率は2.8%と、前月比0.2%の減少、前年同月と比べて0.5%減少した。

   完全失業率が3.0%を下回るのは1994年12月以来、22年2か月ぶり。

  • 完全失業率、22年ぶりの2%台に
    完全失業率、22年ぶりの2%台に

雇用、着実に改善

   完全失業者数は188万人で、前月比で9万人の減少。前年同月と比べて25万人減少した。このうち、勤務先の都合や定年退職など「非自発的な離職」が9万人減ったのに対して、「自発的な離職」が11万人減と際立った。

   一方、就業者数は6427万人と49か月連続で増加した。就業者のうち、パートや契約社員など「非正規就業者」は2005万人と、15か月ぶりに減少。「正規就業者」は3397万人と、50か月連続で増加した。

   産業別の就業者でみると、「卸売業、小売業」「情報通信業」「建設業」の3業種で、前年同月と比べて増加したのが目立つ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中