ショック! 喫煙者が絶対読めない「白紙」のポスター?

印刷

   喫煙者がタバコをやめるのは難しい。逆に周囲がやめさせるのも簡単ではない。

   この難題に、イギリスの王立がん研究基金(Cancer Research UK)が広告代理店、Abbott Mead Vickers BBDOの協力を得て、タバコが喫煙者のからだをどれだけむしばんでいるかを伝える「デジタルポスター」を制作した。

  • 「白紙」のポスターに浮かび上がる「言葉」とは?
    「白紙」のポスターに浮かび上がる「言葉」とは?

ポスターに「息」を吹きかける

   タバコが「からだに悪い」なんてことは誰でも分かりきっている。ただ、実際に不調が現れるまでやめられない人がほとんどで、自身のからだの中で起きている変化というのは自覚しにくいからだ。

   一人でも多くの喫煙者に、なんとかタバコをやめてもらおうと、イギリスの王立がん研究基金が制作したのは、「Breath Test(肺のテスト)」という禁煙啓蒙が目的の「デジタルポスター」。しかし、バス停横のスペースに設置されたポスターの枠内は、何も書かれていない「白紙」の状態。これが何事かと関心を引いたようで、喫煙者らしき人らが不思議そうに覗きこむ。どうやら、なにか仕掛けがあるらしい。

   見れば、ポスター内の空白の枠の上部には、「Take a deep breath and blow here」(ここに向かって、深く息を吸って吐いてください)という指示と小型センサーがあるだけ。

   指示どおりに息を吹きかけると、その間だけ真っ白だった枠の中に「言葉」が浮かび上がるというのだが――。

   本来なら、浮かび上がってくる言葉は次の通り。

「The longer you blow the more of this message you'll be able to read. If you are a smoker you might not get much further than this line. However, with help from a Stop Smoking adviser it is much more likely that you will be able to quit for good, so you will have a greater chance of making it all the way down to this point here.」
(息を長く吐けば吐くほど、このメッセージを読むことができます。もしあなたが喫煙者なら、ここまでしか読めないかもしれません。しかし、Stop Smokingアドバイザーの助けを借りれば、これを最後にタバコをやめられる可能性が高くなりますよ。そうすれば、きっとここまで読めるようになるでしょう)

   王立がん研究基金によれば、喫煙は肺機能に影響を及ぼし、息を長く吐き続けることが難しくなるという。このからだの変化を喫煙者に実感してもらうことで、タバコをやめるきっかけにしてもらおうと考えたのだ。

うろたえる喫煙者が続出

   イギリスでは、このデジタルポスターを実際に試す、通りすがりの人びとを捉えた動画が一般の人によって公開され、話題になっている。その動画によると、最後までメッセージを読めない喫煙者が続出したようだ。

   なかには1文目すらうっすらとしか出てこない人もおり、かなりうろたえている。からだは正直――。王立がん研究基金の思惑は、見事に当たったようだ。

   これならヘビースモーカーもさすがに懲りるということらしい。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中