全国百貨店の売上高、3月もマイナス 前年同月比で13か月連続

印刷

   全国百貨店の3月の売上高は、前年同月比0.9%減の約5195億円だった。日本百貨店協会が2017年4月20日、発表した。13か月連続のマイナスとなった。

   富裕層消費やインバウンドの回復が売上を下支えしたが、気温低下により主力の春物衣料が伸び悩み、前年には僅かに届かなかった。

   インバウンド(訪日外国人)売上は、3月も桜鑑賞を目的とした訪日ツアーの増加などで好調に推移(24.6%増)し、4か月連続でプラスとなった。一方、商品別では、主力の衣料品が4.6%のマイナスなど伸び悩んだ。

   調査対象は、全国80社 231店。

  • 百貨店の売り上げは0.9%減も、インバウンド売上は好調だった
    百貨店の売り上げは0.9%減も、インバウンド売上は好調だった
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中