伸びる男性用化粧品、マンダムはボディケア商品が好調

印刷

   男性用化粧品の市場が伸びている。

   その理由について、男性用化粧品を主力とするマンダムの広報担当者は、2017年4月24日のJ‐CASTニュースの取材に、「母親や姉妹がスキンケアをしているのを見て、男性にも化粧意識が出始めたのではないでしょうか」と話した。

  • 男性も、お肌を気にする時代になった(画像はイメージ)
    男性も、お肌を気にする時代になった(画像はイメージ)

スキンケア、手軽さが人気

   市場調査の矢野経済研究所の「化粧品市場に関する調査」(2016年10月21日発表)によると、2015年度の男性用化粧品の市場規模は、前年度比1.6%増の1178億円に達した。

   化粧品全体の市場規模に男性用化粧品が占める割合は約5%に過ぎないが、市場は好調という。

   男性化粧品には、整髪料などのスタイリング剤、シャンプーや育毛剤のスカルプ、洗顔料や日焼け止めなどのフェイス・ボディケア商品がある。

   マンダムでは、ボディーペーパーや日焼け止め、デオドラントなどのボディケア商品の売れ行きがよく、2017年3月までの1年間の伸び率で5%増と伸びた。

   なかでも、夏場のボディーペーパーやフェイシャルペーパーが好調で、顔や体を拭くと、ひんやりとして気持ちいいのが人気を呼んでいる。今年もこれからの季節に向けて、期待が膨らんでいる。

   一方、化粧品大手の資生堂では、男性向けの「SHISEIDO MEN」が人気。洗顔料と化粧水の2ステップだけで簡単にスキンケアができるシリーズだ。

   J‐CASTニュースの取材に、「手軽なお手入れを好む男性に、好評ではないかと考えています」と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中