銀座で「ちょいブス」が小競り合い 響く!バリキャリ×美魔女の笑い声

印刷

   突然だが、私は「ちょいブス」である。目を背けるほどの不細工ではないが、パッと見て誰もが振り返るような美人でもない。スッピンにメガネをかけている時などは特に地味な顔立ちに拍車がかかり、自分でも「ブスだなぁ」と思う(だからこそ美容整形で美人になろうとしているのだが)。

   そんな私が先日、銀座の高級レストランで「ちょいブスの小競り合い」を勃発させた。

  • 銀座の高級レストランで、バチバチッと……
    銀座の高級レストランで、バチバチッと……

「あ、ちょいブスだ!」

   そのレストランに誘ってくれたのは、外資系企業に勤務する、いわゆる「バリキャリ×美魔女」系の大先輩。事前に「一見高級なお店だけど、カジュアルな装いでいいのよ」と言われていたので、私は得意の「しまむら」で買った白いブラウスに、水色のスカートという出で立ちで出かけた。

   先輩に「そのブラウス、色が明るくていいわね」と褒められ、ちょっといい気分だ。 レストランの窓からは夜景が臨め、暗い店内がところどころライトアップされて、とても幻想的。足を踏み入れた瞬間から私はテンションが上がり、「すごい! すごい!」と喜んだ。

   先輩は常連なので、余裕の笑みを浮かべている。入り口付近で立ち止まって店内を眺めると、すぐ近くの小さなテーブルに、カップルで座っている女性と目が合った。

   私と同じくらいの年齢だろう。十分にめかしこんでいるのが分かった。黒いノースリーブのイブニングドレスにパールのネックレスをつけ、やや太めの二の腕を出している。お化粧も私と同じくらい濃いと見た。相手の男性もスーツの正装で、今日は格式高いデートに来たのだろう。

   「あ、ちょいブスだ」目と目があった瞬間、お互いにそう思った(と思う)。あれはナチュラル美人ではないし、それは間違いない! そもそも、本当の美女は高級レストランでキョロキョロとあたりを見回して、周りと自分を比べたりしないのだ。

北条かや
北条かや(ほうじょう・かや)
1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。近著『インターネットで死ぬということ』ほか、『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』などがある。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中