上昇する「海外イヤ」率 世界を知ると、世界に出たくなる!(前編)

印刷

   今、これだけ世間でグローバル、グローバルと言われているのですが、日本の若い人の過半数が海外に出たいと思っていません。

   2015年9月に産業能率大学が発表した「第6回 新入社員のグローバル意識調査」によると、これから海外で「働きたくない」と答える人の割合は64%でした。この「海外イヤ」率は過去最高。2001年には29%しかいませんでした。

  • カンボジアで、海外で働くおもしろさを体験した(写真はイメージ)
    カンボジアで、海外で働くおもしろさを体験した(写真はイメージ)

尻込みの理由「何か怖い」「英語に自信がない」......

   では、今の日本の若い人が、なんで海外がイヤかというと「何か怖い」「危険そう」「英語に自信がない」などということになります。でも、実際に出てみると、海外で生活するのはそれほど難しくはないんですよね。

   実際に、このアンケートの対象者の84%は海外留学の経験がありません。そして、海外留学経験のある16%の人に限定すると、そのうちの75%が「海外で働いてみたい」というのです。

   つまり、一度でも長期的に海外に出てしまえば「意外と、どうってことはない」ということがわかり、「海外で働いてみたい!」という意欲が出てくるようです。

   このようなことは、私も実感しています。たとえば、大学2年生の夏に、私が運営している海外インターンシップに参加してくれた男性のケースがあります。

   彼は、カンボジアで1か月間、カンボジア人相手に商売をするという体験から、海外で働くことに対するおもしろさを見い出しました。

「森山さん。これから海外で活躍するために、これからの大学生活でなにをすればいいですか?」
「大学生は、時間はあるけど、金がない。でも、航空券や宿の値段は安くなっているから、どんどん海外のいろんな国にいってみて、その国の状況をみてみよう!」

と、いうことで実際に彼は東南アジアの国々をまわってみました。

   タイ、ベトナム、シンガポール、ミャンマー、ラオス、インドネシア...... 行けば行くほど、アジアの成長の凄さを実感し、ここに身を置きたいと考えるようになります。

カンボジアから香港へ

   そんななか、大学の留学制度で特待生として香港の一流大学に留学できる制度を見つけます。「これだ!」と思った彼は、すぐに応募します。

   カンボジアでカレーを売り、東南アジアを渡り歩いて感じたこと、やりたいと思ったことを志望書に詰め込んだ結果、見事、合格。晴れて1年間、香港に留学することになりました。

   カンボジアで1か月すごした体験があるので、「先進国」である香港での生活に不安はありませんでした。しかし、外国人の学生と一緒に学ぶのは初めて。そこには大きな不安もありました。そして、その不安は的中します。

   しかし、その挫折が彼のキャリアを大きく変えていくのです。(森山たつを)

   情報提供 パソナタイランド

   (次週に続く)

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中