2021年 9月 23日 (木)

労働実態を把握せず、「時短」を叫ぶ そんな経営者はアホだ!(江上剛)

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

職場改革に立ち上がるのは、アナタだ!

   経営者は、ストックオプションなどで株価を上げ、自分の懐を豊かにすることしか考えません。そして実際、豊かになりました。

   ところが、労働者は何年も豊かになりません。給料が上がらないんです。

「働けど、働けど、我が暮らし楽にならざり。じっと手を見る」

   そんな石川啄木の心境だったのです。

   労働者は、昔のようにストライキを起せばよかったのです。でも今は、労働組合にそんな力はありません。そんな中で過労自殺という悲劇が起こって、働き方改革の流れとなりましたが、これも安心してはいけません。

   本当に労働者のためになるのか、よく見極める必要があるでしょう。経営者はそんなに善人ではありません。どうやったら労働者を効率よく働かすことができるかと考えているだけですから。

   こうした世の中の流れを踏まえたうえで、あなたは職場の改革に立ち上がるべきです。持ち帰り残業などが増えている実態を調査し、本当の意味の時短を実現するよう努力したらどうでしょうか。

   その際、先ほども言いましたが、経営者は如何に労働者を効率的に働かせることができるかということを年中考えていることを、ちゃんと心得ておかねばなりません。

   ですから、経営者の「効率」とあなた方労働者の「時短」との折り合いをつける知恵を働かせねばならないのです。

   なにはさておき、持ち帰り残業の実態を調査し、経営者にこれでは「非効率」ですよって言いましょうか。

(江上剛)

江上 剛
江上 剛(えがみ・ごう)
作家。1954年兵庫県生まれ。早稲田大学卒業後、第一勧業銀行(現・みずほ銀行)入行。同行築地支店長などを務める。2002年『非情銀行』で作家としてデビュー。03年に銀行を退職。『不当買収』『企業戦士』『小説 金融庁』など経済小説を数多く発表する。ビジネス書も手がけ、近著に『会社という病』(講談社+α新書)がある。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
クロカネの道 鉄道の父・井上勝
クロカネの道 鉄道の父・井上勝江上 剛

PHP研究所 2017-03-16
売り上げランキング : 111895


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中