その17 ノンアルコールビール 【こんなものいらない!?】

印刷

   生ビールで盛り上がるビアパーティーで、ひとりだけがノンアルコールビールを手にしている。彼はアルコールが駄目な体質なので、仕方がないことでもある。

   だけど、僕はどうも腑に落ちない。

  • スーパーではノンアルビールの存在感が増しているが……
    スーパーではノンアルビールの存在感が増しているが……

とにかく、「おいしくない」!

   ノンアルコールビールなんて、「ビール」とは称しながら、ビールであるような、ないような、中途半端な代物である。ビールの色はしているが、缶には「アルコール 0.00%」と書いてある。

   アルコールが駄目で、ノンアルコールにするのなら、ウーロン茶を飲むとか、もっとまっとうなものを選んでほしい。ノンアルビールだと、飲めないのに飲めるふりをしているみたいでもある。いさぎよくない。

   ノンアルビールで酔ったふりをされても、こちらはしらけてしまう。

   僕が若い頃から出てきた宴席では、アルコールの飲めない先輩も結構いたが、彼らはウーロン茶や麦茶などのお茶でみんなの相手をしていた。

   昔はノンアルビールがまだ一般的でなかったせいもあるだろうが、お茶だけで僕らの酔いに話を合わせてくれた。一種の芸当と言ってもよかった。

   ちなみに、僕が大学生だった55年ほど前、運動部の合宿で訪れた自衛隊の基地の食堂で、初めてノンアルビールを飲んだ。まずかった。

   この記事を書くにあたり、ビール各社の最近のノンアルビールを初めて飲んでみた。昔よりはよくなっているようだけど、うまいとは思えなかった。払ったカネが惜しくなった。

   それもそのはずだ。あるノンアルビールの缶には「目指したのは、最もビールに近い味」と書いてある。最近は、ノンアルビールを「ビールテイスト飲料」と言ったりもする。裏読みすれば、「ビールの味にはまだ追いつけず、ビールよりはまずいんですよ」と、告白しているみたいである。

   おまけに値段は、酒税がかかっていない割には安くない。開発費がかさんでいるせいとも聞くが、同じような値段の発泡酒のほうが僕にはずっとおいしい。

   でも、スーパーあたりでは結構売れているようだ。大きく「ノンアルコール」と書いた棚が設けてあり、本来のビールと堂々、肩を並べていたりする。

子供に飲んでほしくない。でも、飲むなとは言いにくい

   ビール各社のノンアルコールビールの缶を眺めているうちに、ちょっと不思議なことに気づいた。

   「特定保健用食品」(トクホ)と称する一部のノンアルビールを除いて、申し合わせたように「この商品は20歳以上の方の飲用を想定して開発しました」と書いてある。「この商品は」のところだけが「当商品は」「この製品は」と、会社によって少しだけ違っている。

   ノンアルコールだから、子供も飲んでいいはずなのに、なぜ20歳以上の飲用を想定して開発したのか。

   想像するところ、ノンアルコールとはいえ、「ビール」と名づけている以上、子供には飲んでほしくない。何か面倒が起きるかもしれない。でも、飲むなとは言いにくい。そこで、ビール各社と役所が相談した結果、こんな回りくどい表現が生まれてきたのではないだろうか。

   ビールとは本来、アルコール飲料のことである。そこに無理やり、ノンアルコールという意味が逆の表現をくっつける。「アルコール0.00%」で、ジュースと同じなのに、子供には飲まないように圧力? をかける。

   ノンアルビールはしょせん、お天道様の下を胸を張って歩けるやからではないのである。(岩城元)

※ 「こんなものいらない!?」委員会は、みなさまからのご意見をお聞きしています。ぜひ、下記のワンクリック投票にご参加ください。

岩城 元(いわき・はじむ)
岩城 元(いわき・はじむ)
1940年大阪府生まれ。京都大学卒業後、1963年から2000年まで朝日新聞社勤務。主として経済記者。2001年から14年まで中国に滞在。ハルビン理工大学、広西師範大学や、自分でつくった塾で日本語を教える。現在、無職。唯一の肩書は「一般社団法人 健康・長寿国際交流協会 理事」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中