盛況! 男性ネイルサロン 清潔感あり、好感度アップ

印刷

   爽やかな季節もそろそろ終盤。もうすぐ梅雨のシーズンが始まります。

   どんよりとした曇り空が続くと、気持ちもなんとなくどんより。近年は、梅雨を楽しむためのカラフルな傘やレインコート、レインシューズが店頭に並び、どんより気分を和らげてくれています。

  • ネイルのお手入れで、好感度アップ!
    ネイルのお手入れで、好感度アップ!

受付業務、爪の長さ2~5ミリ以内 色はピンクかベージュ

   さて、行きつけのネイルサロンでも、梅雨シーズン向けのデザインがたくさんあります。水色をメインに白やピンクの組み合わせ、水玉模様や傘をイメージしたアートの数々。可愛い! 私もしたい! と強く思うのですが、仕事柄どうしても無難なデザイン、地味な色を選ばざるを得ない悲しさ。仕方がない、この仕事で食べているのだから諦めるしかない......

   このように考えているのは私だけではないらしく、ネイルサロンへ行くと「仕事上、あまり派手にできないんですよね~」という会話が聞こえてきます。

   ネイルのカラーやデザインに関しては、本当に業界ごとに、その対応が異なります。一切ルールのない会社から、細かく規定する会社までさまざま。業界よりも、職種で考える企業も多いようです。業界であれば銀行や証券会社などの信用事業を営んでいる会社、そして職種であれば、接客などのお客様への対応が多い、たとえば百貨店などの会社は一定のルールがあります。

   たとえば、受付業務なら爪の長さは2~5ミリ以内。色は、ピンクまたはベージュの単色。アートやストーンなどはNG。おしゃれをしたい女性にとっては残念ですが、企業としても理由なくNGにしているわけではありません。お客様へ物を受け渡す機会が多いと、指先はお客様の視線に入り目立ちます。

形を整え、甘皮を処理、表面を磨いて......

   ネイルアートをおしゃれで可愛いと思うか、仕事にふさわしくないと思うかは人それぞれ。不特定多数のお客様が来店される企業では、不快感を与えかねない事柄は、ルールで縛りをかけておこうと考えるのも当然ではないでしょうか。

   なかにはルールに背いて、上司に注意されても頑張る強者もいますが、やはり組織に属したからには、その組織のルールを守らないといけません。

   ところで、近年は男性向けネイルサロンも盛況です。女性同様、形を整え、甘皮を処理、表面を磨いて、できあがり。営業などで、日ごろお客様と接する機会の多いビジネスマンの利用が多いようです。

   きちんとネイルケアされた指先は清潔感があり、好感度アップ間違いなし。ネイルサロンは敷居が高いという男性の方は、自宅で簡単にできるキットがありますので、それを使ってみてもいいかもしれません。(篠原あかね)

篠原あかね(しのはら・あかね)
リクルートにて企業研修アシスタント、金融機関等での役員秘書を経てビジネスマナー講師として活動。2011年よりスマートコミュニケーションズ代表。ビジネスマナー、コミュニケーション、CS向上等の企業研修のほか、自身の宴会幹事経験をもとに「愛される宴会部長セミナー」も主催。著書に『宴会を制する幹事は仕事も制す。』『マンガ 黄金の接待』(監修)などがある。お客様や社内で愛されキャラになるコツを悩める社会人へ発信中。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中