2020年 8月 9日 (日)

その椅子、座り心地いいですか? 「お篭り社長」が会社をダメにする

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   2016年、上場企業の社長に就任された同窓で先輩のAさんを訪ねました。

   表敬訪問的な面談で、例によってお目にかかった経営者に必ずぶつける「社長の今のお悩みは?」という質問をしてみたのですが、Aさんからはなかなか興味深い答えが返ってきました。

  • 社長! 出てきてくださいよ!!
    社長! 出てきてくださいよ!!
  • 社長! 出てきてくださいよ!!

社長就任1年、部下との距離感に変化

   「私は社長になるまで、役員といえども部長を委嘱され普段は部長席にいました。ところが今は、フロアが違う社長室が勤務場所。物理的な距離だけでなく、なんとなく部下との関係における距離感も変わってしまったような気がして、最初は戸惑いました。今はだいぶ慣れましたけど。それと、情報が入りにくくなる。普段皆から見えないところで仕事をするようになると、特に悪い情報は入りにくいのかなと。これは痛感しています」と、社長はこぼします。

   そんなお悩みをうかがったので、社員からはどう写っているのか、社長面談後に今回の面談をセットしてくれた、知り合いの管理職のHさんに少し話を聞いてみることにしました。

   彼によると、Aさんはどちらかといえば自分から社員の輪に入っていくタイプで、飲み二ュケーションも得意。趣味も多彩で仕事に偏らない話題も豊富。もともと社内でものすごく評判のいい役員、管理職だったのだと言います。

   しかし、社長に就任されてからのここ1年はやや印象が異なってきたようでした。

「別に社長になったから急に偉そうになったとか、態度が変わったとかはないと思うのですが、普段フロアで姿が見えなくなったということで、どうもこちらの意識の置き方が変わってしまったような気がします。やや近づきがたいとか、少し遠い存在になりつつあると言うのか。それに輪をかけているのが、秘書の存在でしょうか。トップとして大変お忙しいのはもちろん理解していますが、たとえ10分の打ち合わせをするにも秘書を通じてとかになってしまい、少しずつですが壁ができる原因にはなっているとは思います」

   物理的な居場所やしくみの変化で、社員との距離感、社員から見た社長のポジショニングが変わっていくことが、よく分かる実例であるように思います。

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中