痛ッ! 見誤ったトレンド 早稲田、思うように伸ばせず FX対抗戦

印刷

   米国でトランプ大統領に絡んだロシアゲート問題がくすぶるなか、英国ではメイ首相が「EU離脱」に向けて勢いづけようと議会下院の総選挙が行われた。外国為替市場も固唾を飲んで見守った、この選挙。メイ首相の思惑どおりに運ぶかどうかの「読み」が問われた。

   明治NSが休戦。早稲田YTは「勝ち」を積み重ねることができたのか――。

円安、予想外に進まず......

6月2日(金)
   この日は日経平均株価が2015年12月以来の2万円台に乗ったことを受けて、円安が進むと予想した。予想どおりに円安が進んだものの、この日の深夜に米国で5月雇用統計の発表が控えていたため、リスクを警戒してか積極的な取引は見られず、予想したほど円安は進まなかった。
   1ドル111.60円で買い、1ドル111.70円で売った。
   2371.42円が2381.54円に、10.12円を積み上げた。

6月6日(火)
   この日は日経平均株価が2万円台を割ったこと、米国債の10年債利回りが大幅に下落したこと、また8日に控えた英国の総選挙の不透明感から、ドル売り円買いが進むと予想。これが当たり、また予想以上の円高となったことで、利益を出すことができた。
   1ドル110.25円で売り、1ドル109.85円で買った。
   2381.54円が2421.27円になった。

6月9日(金)
   注目された英国の総選挙は、出口調査でメイ首相率いる保守党が過半数を割ったことが分かり、今後の欧州連合(EU)の離脱に向けての交渉がより一層不透明になることから、ドル売り円買いが進むと予想した。しかし、その後に欧州株が軒並み上昇したことや、米国債の10年債利回りも上昇したことで、次第にドル買いの流れが強くなっていった。
   トレンドを見誤ってしまった今回の取引を反面教師にして、今後の取引に臨んでいきたい。
1ドル109.95円で売り、1ドル110.30円で買った。
2421.27円が2386.59円になった。

   前回からの損益 +15.17円

   2017年6月9日現在 2386.59円

早稲田YT
早稲田大学政治経済学部2年。大阪府出身。 【趣味】旅行 【将来の夢】金融機関で働きたい 【好きな食べ物】寿司 【尊敬する人】イチロー選手 【近況など】夏休みに英国短期留学を予定

明治NS
明治大学政治経済学部経済学科。秋田市出身。 【趣味】株式、FX、野球(小学校から高校まで軟式野球部)、ボートレース、戦国の歴史 【将来の夢】1000億円ぐらい稼ぎたい 【好きな食べ物】豆腐、枝豆 【尊敬する人】ジョージ・ソロス 【近況など】歴代首相の原敬、米内光政の家とは江戸時代末期の時点では親戚だったと最近分かった。単位がやばい
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中