2018年 8月 19日 (日)

三井住友銀行、「元本防衛型」の投資信託を発売

印刷

   三井住友銀行は2017年7月から、新しい公募型の投資信託を売り出す。基準価額が一定額まで上がると事実上、元本割れを防げる仕組みを採用した。

   こうした「元本防衛型」と呼ばれる、元本割れのリスクが小さい投信商品が広がれば、個人投資家が預金から投信にお金を振り向けやすくなる。

  • 元本割れのリスクが小さい
    元本割れのリスクが小さい

元本割れから守る、「プロテクトライン」を設定

   三井住友銀行は、フランスの資産運用会社、アムンディ アセットマネジメントの100%子会社、アムンディ・ジャパンと、投資信託「SMBC・アムンディ プロテクト&スイッチファンド(愛称:あんしんスイッチ)」を共同開発。2017年7月3~27日に募集する。

   投資信託は預金と違い、元本が保証されていない。相場の変動に応じて元本割れする可能性がある。しかし、この商品には元本割れしないように守る、「プロテクトライン」が設けられているため、投資家が受ける損失は、一定に抑えられる。国内の投信商品では、まだ珍しい。

   たとえば、投信を購入する際の基準価額が1口あたり1万円の場合、その際のプロテクトラインは9000円と定めている。基準価額がその後、9000円を下回っても、投資家がそれ以上の損失を受けないような仕組み。

   また、基準価額が上がれば、事実上、元本は保証される。基準価額が1万600円に届くと、プロテクトラインは1万円に引き上げられ、元本割れのリスクがより小さくなる。基準価額が1万1111円を超えると、プロテクトラインは基準価額の最高値の90%となる。

   株式や投資信託などの価格が変動する金融商品は、バブル崩壊後の金融危機やリーマン・ショックなどで、過去に手痛い損失を被った投資家も少なくない。そのため現状では、政府が呼びかけている「預金から投資」への流れがなかなか定着しない。こうした元本割れのリスクが小さくなる投信商品が広がれば、その流れが大きく前進する可能性はある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中