2018年 8月 18日 (土)

でんぷん、10月から1割値上げ 品薄ジャガイモ「ポテチ」の余波

印刷

   全国農業協同組合連合会(全農)は、片栗粉などに使う「ばれいしょでんぷん」の出荷価格を2017年10月から1割、引き上げる。値上げは6年ぶり。

   全農によると、「ばれいしょでんぷん」の1キロ当たりの卸売価格は、現行おおよそ145円だが、今回の値上げで15円程度上がり、160円前後になる見込みという。

  • ジャガイモ不作で「でんぷん」値上げ
    ジャガイモ不作で「でんぷん」値上げ

「農家の生産意欲の向上につなげたい」

   値上げの背景は、原料となる北海道産のジャガイモが2016年の台風で不作になったことに加え、原料が品薄になったポテトチップス向けにジャガイモが回された余波もあって、原料が十分に確保できなかった。

   国内で年間に消費されるでんぷんの約8割は、輸入トウモロコシから作られるが、「ばれいしょでんぷん」は粘度が高く、他のでんぷんでは置き換えが難しいものも多いという。

   今回の値上げについて、全農はJ‐CASTニュースの2017年6月27日の取材に、「農家の高齢化でジャガイモの作付面積は減少傾向にあり、値上げすることで生産意欲の向上につなげたい」と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中