その20 「・・・と言えばウソになる」【こんなものいらない!?】

印刷

   高校野球の強打者である早稲田実業3年生、18歳の清宮幸太郎君がこの(2017年)5月に高校通算96号の本塁打を打ったとき、「100号は意識しないと言えばウソですが、気持ちを変えずにやりたい」と言ったそうだ。

   この「意識しないと言えばウソですが」、つまり「・・・と言えばウソになる」式の表現は、なんとなくズルくはないだろうか。

  • 図書館の日本語コーナー。日本語の乱れを嘆く本も少なくない。
    図書館の日本語コーナー。日本語の乱れを嘆く本も少なくない。

ちょっと謙虚な感じでズルい!

   本当はそうしたい、そうなりたい。でも、そうできない場合もあるだろうから、はっきりとは言わないでおこう。ちょっと謙虚な感じで、きれいごとを言ってすませよう。そんな感じがする。

   しかし、清宮君は野球選手としてたぐいまれな才能を持っている。将来、日本の野球界を背負うだろう。それだけに、「100号を意識しています。なんとしても打ちたい」と言ってほしかった。現にその後、すぐに彼は100号を打っている。

   また、朝日新聞(2017年6月24日付「フロントランナー」)によると、父がニュージーランド人、母が日本人の24歳のオニール八菜(やな)さんがパリ・オペラ座のバレエ団で、入団から3年も経たないのに第1舞踊手に指名された。

   最高位エトワールに次ぐ地位で、最初はフランス語も話せなかった日本生まれのダンサーがここまで昇り詰めるのは異例だそうだ。

   そのオニールさんはこれまでの苦労を振り返って「つらくなかったと言うとウソになる」と話している。でも、もっと素直に「つらかった練習に耐えたおかげで、ここまで来れました」とでも言ってほしかった。

   この「・・・ と言えばウソになる」は年配者もよく使う。たとえば、最近まで文部科学省の事務次官だった前川喜平さん、62歳である。

   周知のように、学校法人「加計学園」(岡山市)が四国の愛媛県今治市にある国家戦略特区に獣医学部を新設することになったが、これに安倍晋三首相が関与したかどうかが、いま大きな問題になっている。

   獣医学部の新設を認めるか否かは、文科省の権限である。そして同省は獣医師は全体としては足りていることを理由に、新設にはかねて難色を示してきた。

   一方で、加計学園理事長の加計孝太郎氏は首相の友人である。文科省で明らかになった文書には、加計学園に特区で獣医学部をやらせるのは「総理のご意向」だとか「官邸の最高レベルが言っている」ことだなどと記されている。

どうして「圧力に負けました」といえないのか!

   こうした文科省と内閣府との遣り取りについて、新聞社の質問に前川さんが答えている。

「文科省がそれらの言葉を持ち出され、圧力を感じなかったと言えば、ウソになる。『総理のご意向』『最高レベル』という言葉は誰だって気にする。私だって気にしますよ」

   どうして「圧力に負けました」と言えなかったのか。僕の想像では、それだと、自分たちの弱さやいい加減さをさらけだしてしまう。そんなのはイヤだから、表現を少し和らげた。いま男を上げている前川さんだけど、ズルさも見え隠れする。

   僕の記憶では、「・・・ と言えばウソになる」は使われだして30年や40年にはなり、今や手あかにまみれた感もする。そろそろご退場を願いたい。(岩城元)

※「こんなものいらない!?」委員会は、みなさまからのご意見をお聞きしています。ぜひ、下記のワンクリック投票にご参加ください。

岩城 元(いわき・はじむ)
岩城 元(いわき・はじむ)
1940年大阪府生まれ。京都大学卒業後、1963年から2000年まで朝日新聞社勤務。主として経済記者。2001年から14年まで中国に滞在。ハルビン理工大学、広西師範大学や、自分でつくった塾で日本語を教える。現在、無職。唯一の肩書は「一般社団法人 健康・長寿国際交流協会 理事」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中