2022年 7月 1日 (金)

働く女性の華麗なる生活 お小遣いは「月5万円以上」が半数

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

サラリーマンのお小遣い、月4万円に届かず......

   20代後半、年収400万円以上の女性の生活ぶりに、ツイッターでは、

「都会の実家暮らしの人がうらやましい」
「高学歴女子に一般職が人気らしいけど、それ選べるのは実家暮らしのお嬢さんだけだからね...。もう生まれた時点で全部決まってんだよ、って思っちゃうのは田舎育ちの引け目を感じすぎだろうか」
「毎日カツカツです。地方出身者は生きていけない」
「バリキャリ女子になりたいんだけど、今の会社にいても、私のなりたい自分にはなれないかもな...転職するような気がする」

と、うらやむ声があがっていた。

   さらに働くお父さんたちからも、

「オヤジの小遣いより娘のほうが多いって~」
「父の月の小遣いよりはるかに多い、娘のお年玉の総額」
「妹の娘の月の小遣い 7万円。実家通い大学1年生。ふだんの月の俺より多い」
「娘達にピアノとバレエは先行投資で、夫の小遣いはカット対象。日本って、全然女性の地位高いよって思った」
「毎日朝から晩まで大変な接客して、働いたお金を娘に何千万と注ぎ続け、なのに家では妻子にバカにされ、多くない小遣いの中で買った全部で1万円もしないプラモデル5個を『4個捨てましょう』だの『100円で売っちゃえ』だの。お父さん何のために働いてるの」

といった悲哀のにじむ声が上がっていた。

   ちなみに、新生銀行の「2017年サラリーマンのお小遣い調査」(4月7日~9日実施、有効回答は20~50代の男女2714人)によると、サラリーマンの毎月の昼食代を含む、お小遣い額は平均3万7428円。前年より445円減って、1979年の調査開始以来2番目に低い金額(最低額は1982年の3万4100円)となった。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中