読みがピタリ! 株高・円安トレンドに乗った早稲田 FX対抗戦

印刷

   世界的な株高が続いている。なかでも、米ニューヨーク株式市場はトランプ大統領のロシアゲート問題がくすぶってはいるものの高値圏を維持。日本をはじめ、世界をけん引している。米国経済の強さを背景に、ドル買いが鮮明に。早稲田YTが、その波をとらえた。

   明治NSは休戦。

ダドリー総裁発言が「助け舟」に

6月16日(金)
 この日は、日経平均株価が大幅に上昇していたこと、また米国の10年債利回りが上昇したことを受けて、ドル買い円売りが進むと予想した。予想どおりに円安が進み、夕方ごろに一たん取引を終えようかと考えたが、ロンドン市場が始まり、欧州株が全面高となったことで、さらなる円安が進むと予想。取引を続けることにした。
 その結果、さらに円安が進み、利益を出すことができた。
 1ドル111.15円で買い、1ドル111.40円で売った。
 2386.59円が2411.32円となった。

6月19日(月)
 日経平均株価が大きく上昇。また、欧州株も全面高となっていたため、米国の10年債利回りは低下していたものの、ドル買い円売りが進むと予想した。しかし、実際は米10年債利回りが低下していたことで、予想とは裏腹にやや円高が優勢になっていた。
 夜になって、ニューヨーク連邦準備銀行のウィリアム・C・ダドリー総裁が、米国で利上げの可能性があることを示唆したため、一気に円安が優勢となり、急騰した。
 予想した理由とは異なっていたが、結果的オーライ。円安となり、利益を出せた。
 1ドル111.05円で買い、1ドル111.20円で売った。
 2411.32円が2426.42円となった。

6月29日(木)
 この日は、米国の10年債利回りが上昇していたことと、日本時間夜の21時30分に発表された米国の1~3月期のGDP(国内総生産)確定値が予想を上回るよい数字であったことから、ドル買い円売りが進むと予想した。予想どおり円安が進み、利益を出すことができた。
 1ドル112.60円で買い、1ドル112.75円で売った。今週は好調だった。
 2426.42円が2441.68円となった。

 前回(6月9日)からの損益 +55.09円
 2017年6月29日現在 2441.68円

早稲田YT
早稲田大学政治経済学部2年。大阪府出身。 【趣味】旅行 【将来の夢】金融機関で働きたい 【好きな食べ物】寿司 【尊敬する人】イチロー選手 【近況など】夏休みに英国短期留学を予定

明治NS
明治大学政治経済学部経済学科。秋田市出身。 【趣味】株式、FX、野球(小学校から高校まで軟式野球部)、ボートレース、戦国の歴史 【将来の夢】1000億円ぐらい稼ぎたい 【好きな食べ物】豆腐、枝豆 【尊敬する人】ジョージ・ソロス 【近況など】歴代首相の原敬、米内光政の家とは江戸時代末期の時点では親戚だったと最近分かった。単位がやばい
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中