2018年 5月 26日 (土)

「ぴあ」が横浜に音楽アリーナ建設 1万人規模、20年開業予定

印刷

   チケット販売などを行う、ぴあは、横浜市のみなとみらい地区に収容客数1万人規模の大型コンサートアリーナを建設することを、2017年7月20日に発表した。2020年の開業を目指し、17年12月に着工する予定。

   ぴあは、東京五輪を控える中でホールや会場不足などの「業界の懸案」に向き合うとしている。

  • 2020年、みなとみらいに大型アリーナ
    2020年、みなとみらいに大型アリーナ

音楽ライブ市場は拡大傾向

   ぴあによると、大型アリーナは三菱地所が所有するみなとみらい地区(38街区)の土地およそ1万2000平方メートルを借り受けて建設。音楽ライブに特化する。アリーナは地上4階、地下1階の延べ2万1000平方メートルで、初期投資額は100億円。

   「民間企業の単独主導による1万人規模のアリーナ建設と運営は、国内でも初めて」。音楽業界のニーズをくみ取り、観客とアーティストの両方にとって最適な新しいタイプのアリ-ナの実現を目指すという。

   音楽ライブ市場の規模は拡大傾向にある。ぴあ総研によると、2016年の市場規模は3401億円(速報値)で、11年の1634億円から5年で約2倍に伸長した。

   また、ぴあの業績はチケット流通事業の好調により、17年3月期の売上高が前期比10%増の1528億円、営業利益は17%増の17億円といずれも過去最高となっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中