2019年 11月 22日 (金)

「捨て石」社長が長期政権 じつは重要「受ける力」に必要な心構え

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   経営者、管理者に求められる力として、一般的には「進める力」とか「攻める力」というもがクローズアップされがちなのですが、じつはそれと並んで、いやむしろそれ以上に求められる力があります。

   「受けの強さ」などと言う言葉で表現されることもある、「受ける力」がそれです。

  • 「受ける力」が大事!
    「受ける力」が大事!

マスコミに怖気づく、2人の社長候補

   もう随分前の話になりますが、ワンマンかつ強気の経営姿勢で知られた上場製造業Y社のO社長。イケイケドンドンの姿勢で、業績を伸ばしつつ業容を拡大し、一時期は業界の風雲児とうたわれる存在でした。

   ところがある時、新聞沙汰になるような突然の不祥事が発生しメディアの厳しい追及に追い回されることに。

   夜討ち、朝がけの強硬な取材攻勢を受けたものの、これを平時の新聞記者対応の延長で「ガタガタ騒ぐと、出入り禁止にするぞ」的な姿勢で強気に突っぱねました。

   すると記者連中の大逆襲にあって、「経営姿勢に難あり!」「社長の人間性が問題!」などとあることないことを散々書かれ、社会的批判の集中砲火を浴びることになったのです。

   こうした連日の批判報道に、強気なO社長も精神的に参ってしまい、家から一歩も出られない状況になりました。新聞、雑誌、さらには一部テレビを巻き込んでの大騒動により大きなショックを受けて、心身症を患い入院するとともに遂には辞任の意向を示すことで収拾をはからざるを得ない事態に至りました。

   後任の社長候補は、周囲の誰もが知る同期のライバル副社長と専務の2人。しかし両者とも、「この局面では製造部門一筋の私には荷が重い」「O社長の後を営業畑の私が継ぐなど恐れ多い」と、社長就任を固辞するという思わぬ展開に。表向きの理由はともあれ、恐らくは不祥事知らずでこれまで来た温室育ちの風土もあり、両者ともあの強気なO社長をして精神的に参らしめたマスコミの攻勢に怖気づいたのでは、というのがもっぱらの見方でした。

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中