2021年 1月 25日 (月)

その23 エスカレーターの片側空け 【こんなものいらない!?】

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

「せまい日本 そんな急いでどこへ行く」

   エスカレーターというものはそもそも、走るのはもちろん、歩くようにも設計されていないそうだ。段差は階段よりも大きいので、つまずきやすい。走ったり歩いたりは危険だし、故障の原因にもなる。

   駅や百貨店などでは「エスカレーターでは歩かないでください」といった放送を耳にするし、ポスターも貼ってある。

   だが、守られる気配はいっこうにない。

   その「元凶」が片側空けである。空けておかないと、走ったり歩いたりの人から文句を言われかねない。もめるのはイヤだから、つい空けてしまう。空けると、エスカレーターを駆ける人たちの「天下」になってしまう。

   では、それをやめさせるにはどうするか。仮に「歩行禁止」にしても、どれだけ守られるだろうか。結局は、エスカレーターに乗る人たちの自主性に任せるほかはないのだが、北京の地下鉄でのように、注意してけんかになりそうなのも困る。

   そこで、たとえば片側空けに反対する人たちが「有志連合」を組む。そして、エスカレーターに乗るときには、二人ずつ並んで立ってみる。その人数が多いほど因縁もつけられにくい。そうやって、無言の圧力で少しずつ片側空けをなくしていく。名案とは言えないけれど、どんなものだろうか。

   かつての交通安全のスローガンに「せまい日本 そんな急いでどこへ行く」というのがあった。エスカレーターも同じである。エスカレーターで急いでいる人たちを笑ってあげようではないか。(岩城元)

※ 「こんなものいらない!?」委員会は、みなさまからのご意見をお聞きしています。ぜひ、下記のワンクリック投票にご参加ください。

岩城 元(いわき・はじむ)
岩城 元(いわき・はじむ)
1940年大阪府生まれ。京都大学卒業後、1963年から2000年まで朝日新聞社勤務。主として経済記者。2001年から14年まで中国に滞在。ハルビン理工大学、広西師範大学や、自分でつくった塾で日本語を教える。現在、無職。唯一の肩書は「一般社団法人 健康・長寿国際交流協会 理事」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中